アクセスランキング
2019年10月30日

まさかの「イオンペイ(AEON Pay)」登場へ、セブンペイ亡き今最強の小売系スマホ決済に

1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/10/28(月) 16:47:32.51 ID:CAP_USER.net

2019/10/27 11:30BUZZAP!

既に相当普及した感のあるWAONとは別に、イオンが新たなスマホ決済サービスを導入するようです。詳細は以下から。

イオン株式会社が商標として「イオンペイ(AEON Pay)」を出願した事が明らかになりました。

‪https://news.nicovideo.jp/watch/nw6105734‬


イオンといえばこれまでWAONをキャッシュレス決済として導入しており、すでに一大経済圏を構築済み。

そしてご存じの通りイオンは小売業としては国内最大手。セブン&アイ・ホールディングスのセブンペイがサービス終了した現時点では小売り系最強のスマホ決済となります。

WAONとの連携やポイント還元率など、普及に至るポイントは多々あれど、「イオンペイ(AEON Pay)」はまずはその規模だけで日本のキャッシュレス決済を揺るがす存在となるのは間違いなさそうです。


続きを読む
posted by まだおっち at 22:00 | Comment(0) | 決済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カート・コバーンのカーディガンが約3630万円で落札

1: 湛然 ★ 2019/10/27(日) 16:03:52.47 ID:QCjHiK1J9.net

米ロック歌手の衣装3600万円 「ニルヴァーナ」のコバーンさん

2019/10/27 12:44 (JST)10/27 12:45 (JST)updated
c一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/561001989248304225?c=39546741839462401


 【ロサンゼルス共同】米人気ロックバンド「ニルヴァーナ」のギター兼ボーカル、故カート・コバーンさんが愛用していたカーディガンが競売に出され、26日に33万4千ドル(約3630万円)で落札された。
競売会社ジュリアンズ・オークションズによると、セーター類として過去最高の落札額となった。落札予想額は30万ドルだった。

 ニルヴァーナは1991年にメジャーデビューし、世界的にブレーク。コバーンさんは27歳だった94年に散弾銃で自殺した。
人気絶頂期の93年、米音楽専門局MTVの番組「アンプラグド」に出演した際、このカーディガンを着用。カジュアルな服装が注目された。


落札されたカート・コバーンさんのカーディガンとギター=26日(DAVID・WILLEMS氏撮影・共同)
https://www.sankei.com/images/news/191027/ent1910270003-p1.jpg
Kurt Cobain's green cardigan raises record $334,000 at auction
https://www.theguardian.com/music/2019/oct/26/kurt-cobains-green-cardigan-raises-record-334000-at-auction


続きを読む
posted by まだおっち at 17:00 | Comment(0) | 芸能人・セレブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫才コンビのツイート1回に50万円…京都市が吉本工業とPR契約 識者「驚く額、誤解与える手法」 市「問題ない」 吉本「十分に見合う」

1: ばーど ★ 2019/10/28(月) 08:48:45.97 ID:NusDvSCm9.net

京都市が、市の施策を吉本興業に所属する地元出身の漫才コンビにツイッターでPRしてもらうため、ツイート(つぶやき)1回につき、50万円を支払う契約を2018年度に同社と結んでいたことが京都新聞社の取材で27日までに分かった。ツイートには市が広告主と明確に分かる記載はなかった。市はタレントの発信力に期待したといい、金額や広報の手法について「問題があるとは考えていない」としている。
 
市は18年10月に催された「京都国際映画祭」などのPR目的で、同年度によしもとクリエイティブ・エージェンシー(現吉本興業)と業務委託契約を結んだ。契約書などによると、同社所属タレントが「京都市盛り上げ隊」として映画祭や市の重要施策を周知するとの内容で、ツイッターなどで20万人のフォロワー(登録者)を持つタレントが2回にわたって発信することが盛り込まれた。ツイートの料金は1回50万円、計100万円だった。
 
昨年10月、京都市出身の人気漫才コンビ「ミキ」の2人が2回にわたって計4本ツイートした。「大好きな京都の町並み!!京都を愛する人なら誰でも、京都市を応援できるんやって!詳しくはここから!」と記述したツイートでは「京都市ふるさと納税」などのハッシュタグ(検索目印)の他、制度を紹介するリンクが張られていた。別のツイートでは京都国際映画祭や市営地下鉄をPRした。
 
同志社大の真山達志教授(行政学)は「市民感覚からすれば地元タレントが地域貢献でツイートしたと考え、報酬が発生しているとは思わないだろう。公金の使い方としては驚く額で、自治体の広報としては誤解を与える問題のある手法だ」と話す。
 
市市長公室は「普段は市の情報が届かない若者らにタレントの発信力で伝えることが主眼で、盛り上げ隊としての活動の一つ」としている。吉本興業の広報担当者は「(公金の使い道については)市の事業なので判断する立場ではなく、金額は十分に見合うものだ」としている。

2019年10月28日 7:30
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/54983
https://www.kyoto-np.co.jp/mwimgs/7/f/600m/img_7f59096939b0c0e56d4baad8d0ad9e5944303.jpg


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(1) | 芸能人・セレブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする