アクセスランキング
2020年08月31日

タワーマンションの人気“凋落”と戸建て住宅の需要復活

1: 田杉山脈 ★ 2020/08/30(日) 18:47:22.17 ID:CAP_USER.net

コロナはさまざまな面で日本社会を変えている。今のところ、もっとも大きな変化の原因になっているのがテレワークの普及だろう。

 毎日職場へ出勤しなくてもいいというのは日本にサラリーマンという職業形態が定着したこの約100年間で、最も大きな変化かもしれない。これによって、企業のあり方から社会の仕組み、人々の人生観までガラリと変えてしまった可能性がある。

 私の専門である住宅ということだけに絞っても、この影響は目を見張るものがある。ここでは、その一断面をご紹介しよう。

一言でいうと、「タワマン(タワーマンション)の人気凋落と戸建て需要の復活」となる。

コロナ以前は基本的に若年層にとっての憧れともいうべきだったタワマンという住形態に対して、多くの疑問が浮かび上がってしまった。

 まず、高層階の居住はエレベーターの使用が必須条件だが、これは間違いなく「3密」である。「1回の利用につき5人まで」。そんな利用制限を設けているタワマンも多いという。途中で乗り込む中層階居住者はつらい。運が悪ければ数十分も待つことになる。

 昨年の台風被害で建物全体が停電し、エレベーターを使えなくなった川崎市のタワマンがあった。超高層マンションは災害に弱いという今まで見逃されていた現実も露呈してしまったのだ。あの記憶が薄れぬうちに、今回のコロナ騒動が持ち上がった。

 さらにタワマンは住戸間の壁が薄いことも広く知られた。階層が何十と重なるタワマンは、荷重負担を軽減する必要がある。そのために、住戸間の壁は「乾式」というコンクリートが入っていないパーテーションのような建材を使っている。当然、普通の低層マンションならまず聞こえない隣戸の生活音が漏れてくる。逆に、こちら側で騒音を発するとクレームの原因にもなる。

 コロナ騒動は、くしくもタワマンという住形態の弱点をいくつも浮かび上がらせた。これが不人気化につながりそうだ。

 逆に、これまでマンションに比べてセキュリティーや気密性、ゴミ捨ての煩雑さなどの面で「住み心地が悪い」とされてきた戸建て住宅が見直されている。

 多くの分譲戸建ての場合、一定の広さと部屋数が確保されているので、テレワーク用の独立スペースを設けやすい。エレベーターを使うことなくダイレクトに外出できる。管理費などの維持コストが基本不要な上、駐車スペースがあれば無料で使える。

 ということで都心やその周縁部での新築戸建ての販売は絶好調になっている。やや郊外の中古格安戸建ても、買い手が次々に現れるようになった。

 タワマンは通勤に都合がいい場所で、ダブルインカムファミリーが何とか買える水準の価格で販売されることが多い。それが毎日通勤する必要がないということになれば、ハイリスクなペアローンを組んでの購入需要は薄れるだろう。当然の変化だ。
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2008/27/news064.html


続きを読む
posted by まだおっち at 21:00 | Comment(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賞金はコロナ直撃 インディ500優勝の佐藤琢磨 3年前から44%ダウンの137万500ドル(約1億4500万円)

1: 鉄チーズ烏 ★ 2020/08/25(火) 23:14:48 ID:CAP_USER9.net

2020年08月25日 21:40クルマ
https://www.sponichi.co.jp/car/news/2020/08/25/kiji/20200825s00045000329000c.html
https://www.sponichi.co.jp/car/news/2020/08/25/jpeg/20200824s00045000518000p_view.jpg

 23日に決勝が行われた世界3大レースの一つ、自動車のインディ500で3年ぶり2度目の優勝を果たした佐藤琢磨(43=ホンダ)の賞金額が、137万500ドル(約1億4500万円)に決まったと24日(日本時間25日)、地元紙インディアナポリススター(電子版)が報じた。レースは新型コロナウイルス感染拡大のために史上初の無観客で行われ、優勝賞金としては2003年以降で最少額だったという。

 今年で104回目の伝統を誇る同レースは、総賞金を最終順位や先頭を走った周回数などに応じ、33人のドライバーに分配される。2月には総賞金額が歴代最高の1500万ドル(約15億9300万円)になると発表されたが、その後全世界を新型コロナが襲い、インディカーシリーズも約3カ月遅れで開幕。史上初めて無観客で行われた今年のインディ500も、決勝だけで30万人が訪れるチケット収入がゼロとなり、総賞金は1991年以降で最少の750万2500ドル(約7億9700万円)と大幅に減額されていた。

 当初は200万ドル(約2億1200万円)が最低保障されていた優勝賞金だが、総額に比例する形で大幅に減額。佐藤は前回優勝した17年には245万8129ドルの賞金を得ており、この時と比べても約44%のダウンとなった。


続きを読む
posted by まだおっち at 21:00 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テスラやエムスリー… 時価総額、将来期待で高騰

1: 田杉山脈 ★ 2020/08/23(日) 20:46:21 ID:CAP_USER.net

新型コロナウイルスの感染拡大による株価急落から半年を迎えた。「コロナ相場」の特徴は、特定の銘柄への資金集中だ。世界の上場企業のなかで、株式時価総額が利益の100倍を超える企業は半年で6割増えた。IT(情報技術)バブルのような利益を伴わない株価の急上昇もみられ、持続性を不安視する声も聞かれる。

21日の米国株式市場では電気自動車(EV)のテスラが連日で上場来高値を更新した。時価総額は約3800億ド…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62954660S0A820C2EA5000/


続きを読む
posted by まだおっち at 18:00 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする