アクセスランキング
2020年08月29日

投信のコスト6年連続低下 つみたてNISAけん引

1: 田杉山脈 ★ 2020/08/25(火) 20:41:14.12 ID:CAP_USER.net

金融庁は25日、国内の投資信託5500本の運用成績について2020年の調査結果を発表した。確定拠出年金(DC)やつみたて少額投資非課税制度(NISA)がけん引し、投資家が払う信託報酬の平均は6年連続で低下した。ただ米国と比べると運用成績と運用コストのいずれも依然として劣り、ファンドの収益力の強化が課題となっている。

国内の公募投信5484本を対象に20年3月時点で調査した。投資家が運用会社に払う信託報酬は全ファンド平均で1.27%で1年前より同0.08ポイント下がった。15年以降6年連続で低下した。このうちDC平均は0.55%(1年前から0.03ポイント低下)、つみたてNISAは0.60%(同0.10ポイント低下)でコストの低さが目立つ。「資産形成向け」の商品の拡大が全体を押し下げた。

100本以上のファンドを設定している大手運用会社を比べると、信託報酬が最低だったのは三井住友トラスト・アセットマネジメントで1.03%だった。

もっとも、米国と比べるとなお差は大きい。株価指数などに連動し、コストも低い「インデックス型」の平均で見ると、信託報酬にあたる米国の総経費率は0.16%で、日本(0.42%)の半分未満だ。同様に運用成果を比べると、運用効率の高さを示すシャープレシオの過去5年平均は米国の0.34に対し、日本は0.13にとどまった。

米国で5年シャープレシオが上位に入る運用会社は規模が大きい傾向がある。上位10位以内にはファンド100本以上を運用するバンガードなどが入り、純資産総額は1兆ドルを超えるところもある。バンガードは調査対象の米運用会社のなかでコストが最低となっている。残高が大きいと、信託報酬を下げても利益が出やすくなることが関係していると見られる。

日本では少額のファンドが乱立しており、運用効率が劣る。金融庁が6月に公表したリポートによると、日本のファンド1本あたりの平均残高は204億円で、米国(2963億円)の1割にも満たない。さらに国内のファンド約5500本のうち8割は運営コストを賄いきれておらず、特に10億円未満の小規模なファンドはすべて採算割れに陥っていると指摘していた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63040970V20C20A8EE9000/


続きを読む
posted by まだおっち at 21:00 | Comment(0) | NISA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かまいたち、YouTube収益“内容と登録者数関係ない”に異議

1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/08/25(火) 11:38:04 ID:CAP_USER9.net

8/25(火) 11:35
スポニチアネックス

かまいたち、YouTube収益“内容と登録者数関係ない”に異議
かまいたちの山内健司(左)と濱家隆一
 お笑いコンビ「かまいたち」の濱家隆一(36)と山内健司(39)が22日深夜放送のテレビ東京系「ゴッドタン」(土曜深夜1・45)に出演。YouTubeチャンネルの登録者数が増えることで「企業案件もついてきやすい」とメリットを明かした。

 この日は、YouTubeに力を入れている芸人たちが集合。「さらば青春の光」の森田哲矢(39)は「登録者数は、ほぼ関係ないです。再生回数で収益は決まってくる」と話し、共演者から「どんな内容で叩かれようが、再生回数が多ければいいってこと?」と問われると「そうなんですよ」と、うなずいた。

 だが、これに異を唱えたのが、登録者数50万人以上のチャンネルを運営するかまいたちだった。山内によると、低評価が多い動画に関しては、収益を得るために重要になってくる広告が「つかない」という。「内容もチェックして、グーグル社が適切な内容であれば、広告をつけるってことなんで」と解説。

 濱家も「登録者数もあんま関係ないって言ってましたけど」と切り出し「登録者数が多い方が、企業さんが『こんなにいろんな人に見てもらえるところなんだ』って、企業案件もついてきやすいんです。だから、関係ないことはない」と指摘していた。

https://amd.c.yimg.jp/im_siggPw7Sd3hAni2rgSm.iKhvYA---x640-y545-q90-exp3h-pril/amd/20200825-00000111-spnannex-000-1-view.jpg

https://news.yahoo.co.jp/articles/48b03c8701eb8af8db92306307795de0d2ad53c0


続きを読む
posted by まだおっち at 18:00 | Comment(0) | 芸能人・セレブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女は奢られて当然?デートに財布を持って来ない彼女に批判相次ぐ なんで女は金を払わないのか

1: 牛丼 ★ 2020/08/22(土) 22:17:02.94 ID:CAP_USER9.net

ネット上で頻繁にみられる議論の一つに「デート代を奢るか、割り勘にするか」がある。付き合い始めたばかりのカップルならば、誰もが一度は考えた経験があるのではないだろうか。「お悩み解決掲示板」に8月中旬、相談を寄せた25歳男性もその一人だ。

投稿者は、人生で初めてできた30歳の彼女と交際中。見た目も良く、明るい性格をしているということでベタ惚れの様子だが、デート時に財布を持ってこないことには不信感を抱いているようだ。付き合うまでは割り勘だったが、交際開始後はお金を持って来なくなり、

「映画もご飯もカラオケもホテル代も全て自分持ち。会計の時にスマホを見ながらしれっとしています。『あれ?ありがとうとかないのか?』と、最近思ってしまいモヤモヤしてます」

と疑問を感じているという。(文:石川祐介)

“財布”だと思われている

コメントの多くを占めたのは、投稿者の”彼女”に対する批判だ。

「ろくな女じゃないね。そんな年増女に貢いでもろくな事ない」
「普通じゃないです。非常識。私も付き合ってるときは彼氏におごってもらう派でしたけど、誕生日やバレンタインなどの節目にはきちんとおごってもらった金額に見合ったお礼はしてたし、必ずその場でもお礼は言ってました」

やはりお金を持って来ないことを非常識と考える人は多く、中には「ちゃんとした親に育てられた人なら、ありがとう、と言うと思いますし、全てあなたに負担させるのではなく、一部出したりすると思いますね」と彼女の育ち方をも疑問視する人がいた。

結婚すると彼女の親とも交流を持たなければいけない。今後も交際を望むのであれば、親や兄弟などがどういう人間なのかもチェックしておく必要はあるだろう。また、外出する際にお金を持たないこと自体がリスキーではあるが、「彼女にしてみたら主さんがお財布で彼氏ではないですよ」というコメントが示すように、彼女は困った時に遠慮なく”財布”を取り出す性格なのかもしれない。

「奢ってもらえる=大切にされている」と考える人は一定数いるが……

彼女が奢ってもらって当然だ、と考えている背景を推測する人もいた。

「『おごってもらって当たり前。お金をかけてもらうのが愛情のバロメーター』と思っている女性が一部でいます。そんな関係になるには、ちゃんと愛してもらえるだけの関係になってからだと思います」

「奢ってもらえる=大切にされている」と考える人は一定数おり、彼女もそのような価値観を持っている可能性もあるが、「とんでもない美人ということは、今までたくさんチヤホヤされて来たんでしょう」とこれまでの恋愛経験から培われたのかもしれない。

「『今度割り勘ね』って言ってみたら?『お金がない』って言ったら『スマホで払えば?』って言ってさっさとお店を出ちゃう」

いち早く別れることを勧めるコメントが相次いだが、その前に次のデートで割り勘を提案して様子を見てはどうだろうか。それでも財布を持って来ず、当然のように奢らせるようなら今後の付き合い方を考え直すのも一つかもしれない。

https://news.careerconnection.jp/?p=99442

※前
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1598091090/


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする