アクセスランキング
2021年10月31日

年収700万円台の会社員が43歳で「FIRE」を実現できた理由

1: 田杉山脈 ★ 2021/10/16(土) 21:10:05.71 ID:CAP_USER

現在46歳のたぱぞう(ハンドルネーム)氏は2019年、43歳のときに勤務していた会社を辞めた。安定した給与を手放し、FIRE(ファイア)を実現したのである。

 世界でブームになっているFIREは、経済的な自立を実現し、早期リタイアを目指すムーブメントである。

 FIREを実現するというのは、十分な資産を築いたら早期リタイアし、資産の運用益で暮らしていくということだ。お金が必要であるがために、会社に体も時間も、さらに心までも縛られることから解放される。

 このFIREを達成するには、大きく三つのポイントがある(下図参照)。

 一つ目は「お金をためる」。つまり、働いて稼ぐことだ。より多く稼ぐためには転職したり、副業をしたりもする。

 二つ目は「支出を抑える」。家計を見直したり、生活習慣を見直したりして、節約する。

 三つ目は「お金を増やす」。働いてため、支出を抑えて確保したお金をさらに増やすために、投資をするのだ。お金でお金を稼ぐ資産運用である。

 この三つに取り組むことで、FIREを実現するのに必要な資産を築いていくのである。

 たぱぞう氏の退職時の年収は700万円台。特に高給取りだったわけではない。にもかかわらず、なぜFIREを達成できたのか。

 それは米国株を中心とした株式投資を長年続けて財を成していたからだ。

 17年には株で資産1億円を突破し、会社からの給与がなくてもやっていけるタイミングが来たことを認識した。

 合意形成のための会議や書類づくりに時間を割かれる仕事から抜け出したい。もっと自由に自分がやりたいことに挑戦したり、そうしたことに時間を使ったりしたい。もっと人生の選択肢を増やしたい──。

 そんな思いを強く抱きながらも、保守的な性分で、なかなかFIREをする勇気が持てなかった。ようやく退職に踏み切れたのは19年だった。

 「今思えばもっと早くすればよかったし、やらなかったら一生後悔した」と、たぱぞう氏は当時を振り返る。

● 日本株から米国株へシフト 不動産投資などへ資産分散も

 たぱぞう氏が株式投資を始めたのは2000年で、当初得意としたのは低位株への逆張り投資。

 株価の低い株を、株価が下がっても買い続けて平均購入単価を下げる「ナンピン買い」するというものだ。

 リスクが高く、「今考えると、とんでもない手法。怖い」とたぱぞう氏。知識も情報も乏しかったため手を出し、大損を招きかねなかった。それでも幸い、利益を得ることはできた。

 その後、投資の知識や経験を積んでいった。

 10年ごろからは、米国企業の高い収益性や成長力を見込み、日本株から米国株へと投資先をシフト。その読みが当たり、資産はどんどん膨らんでいった。

 資産が増えてくると、利回りよりも金額で確実に十分なリターンを得られる戦略を取るようにもなった。特定の企業の株を購入する個別株に投資を集中するのではなく、株価指数(インデックス)に連動して成果を目指す「インデックス投資」というものに重きを置くようになったのだ。この投資は、ETF(上場投資信託)や非上場の投資信託などを買うものである。

 さらに株式投資以外に資産を分散し、太陽光発電や不動産にも投資するようになった。

 現在の純金融資産(金融資産から負債を除いたもの)は3億円規模。総資産はおよそ6億円。うち米国株が3億円、太陽光発電が1億円、不動産が2億円となっている(下図参照)。

 たぱぞう氏の運用の内容にも表れているように、お金を増やす運用は個別株投資、投資信託、不動産投資などが代表格となる(下図参照)。

 資産1億円を目指すとして、この中で最もローリスク・ローリターンに位置付けられるのが投資信託。インデックス型のETFだったり、投資信託を毎月定額で積み立てたりして運用する。

 例えば、毎月12万円を積み立てて、年利回り5%で30年間運用すれば、資産1億円を実現することができる。
以下ソース
https://news.yahoo.co.jp/articles/6d375c3fc3fe9c61c3f0fe8e2196be62de20fcab


続きを読む
posted by まだおっち at 21:00 | Comment(0) | FIRE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星野源、壮絶な下積み時代を告白 家賃3万8000円の風呂なしアパート…初給料でパンを購入し「泣いた」

1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/10/28(木) 20:25:19.32 ID:CAP_USER9

10/28(木) 19:49
スポニチアネックス

星野源、壮絶な下積み時代を告白 家賃3万8000円の風呂なしアパート…初給料でパンを購入し「泣いた」
星野源
 歌手で俳優の星野源(40)が、28日に更新されたテレビ朝日のYouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」に出演。壮絶な下積み時代について語る場面があった。

 25日に放送された「激レアさんを連れてきた。」(月曜後11・15)の「未公開トークSP」に登場した星野。「大学に行かずに、自分でバンドを組んで。それと同時に演劇を始めたので、チケットノルマを誰かに買ってもらったりして。自主でCDを作って売りに行ってましたね。納品しに行ったら門前払いになったり…」と、当時を振り返る。

 「僕は(家賃)3万8000円の風呂なしアパートで、(青春を)謳歌している人を恨んでましたね。合コンを行く金なんて全く無かったし、初給料でパン屋さんでパンを買って食べて泣いたんですよ。『パンって、こんなに美味しいんだ…』」と、告白し共演者を驚かせた。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211028-00000245-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/c8b402526a2b5378307ce02540494783e80abf17


続きを読む
posted by まだおっち at 18:00 | Comment(0) | 芸能人・セレブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の年収、30年横ばい 新政権は分配へまず成長を

1: 田杉山脈 ★ 2021/10/16(土) 13:26:29.72 ID:CAP_USER

衆院選(31日投開票)に向けた論戦が本格的に始まった。経済政策での重要な論点は成長と格差是正のどちらに軸足を置くかだ。与野党は生まれた富をいかに「分配」するかを公約で競うが、日本の平均年収は横ばいが続く。格差よりも、まずは低成長を抜け出し、分配のためのパイを拡大するほうが優先度が高い。

分配のルートの一つが富める者からの富の移転だ。日本は米英に比べて富や所得の偏在が小さい。経済協力開発機構(OEC...
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA068F10W1A001C2000000/


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 収入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする