2017年02月08日

ビットコイン、資金流出で中国当局規制強化 相場が急落

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/25(水) 18:45:39.09 ID:CAP_USER.net

【北京・赤間清広】インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引価格が乱高下している。
富裕層を中心に国内から海外に資金を移転する手段としてビットコイン相場を押し上げてきた中国で、当局が取引規制に乗り出したためだ。
 中国では2015年夏の人民元切り下げをきっかけに、国内資産の海外流出が加速、経済が大混乱に陥った。
この反省から当局は、資金流出に対する規制を強化。元の為替取引などを対象に事前報告や取引額の上限設定など
を断続的に課してきた。ただ、ビットコインの規制は緩く、為替取引の代わりにビットコインを利用して資産を国外に持ち出す動きが流行していた。

 ビットコイン情報サイト、米コインデスクの指標によると、昨年12月初旬に700ドル台だったビットコイン相場は、
年明けに1100ドル台を突破して最高値をつけた。この時期は、米国の利上げやトランプ新大統領への政策期待から、
元安の動きが強まっていた時期と重なる。「元安が加速すれば当局がさらに厳しい規制を課すと見た中国人富裕層がビットコインに殺到した」(アナリスト)

 バブル状態にあったビットコイン市場は今月6日、中国人民銀行(中央銀行)が、毎朝発表している人民元の対ドル
基準値を前日より0.93%も引き上げると、相場が急落。追い打ちをかけるように人民銀が11日、上海などの規制当局と
共同でチームを作り、ビットコインを扱う大手取引所の検査に着手したと表明すると、取引価格は同日、700ドル台にまで急落。
その後は安値を狙った買い戻しの動きも出ているが、中国当局が資金流出の「抜け穴」潰しをさらに強化するのは確実で、中国人のビットコイン離れが加速している。

 第一生命経済研究所の西浜徹主席エコノミストは「当局は市場のコントロールを強めているが、中国経済の減速懸念などから
海外に安定した資産を持ちたいという市民のニーズも強い。資金流出の『抜け穴』を探す動きは今後も続く」と指摘している。
ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170125/k00/00m/020/102000c#csidx5d9925820b75f8ea4a4bace3407d125
Copyright 毎日新聞


10: 名刺は切らしておりまして 2017/01/25(水) 19:06:06.97 ID:KRgdOPpk.net

>>1
そもそも個別具体の管理責任者が不明な通貨(笑)とか、まじ勘弁。


2: 名刺は切らしておりまして 2017/01/25(水) 18:47:04.47 ID:DgNbTy2P.net

お金で遊ぶな


3: 名刺は切らしておりまして 2017/01/25(水) 18:52:29.01 ID:0N4BU7q0.net

知らんがな


5: 名刺は切らしておりまして 2017/01/25(水) 18:54:20.59 ID:XLKIGrQs.net

いま900ドルだし、最高値よりはだいぶ下がったが、戻してるよ


6: 名刺は切らしておりまして 2017/01/25(水) 18:54:45.14 ID:beUh7fCx.net

もう中国人専用通貨になってる


7: 名刺は切らしておりまして 2017/01/25(水) 18:57:48.68 ID:jVrk7EOK.net

せっかくなけなしの元を替えたのに使えなくなってかわいそw


8: 名刺は切らしておりまして 2017/01/25(水) 18:59:36.65 ID:LOPxp2uf.net

また、「コイン無くなっちゃいました」で終了です


9: http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/eco/1477546531/ 2017/01/25(水) 19:01:25.18 ID:pB5Sr8VO.net

 
当局が何かしてきて、この程度の下げなら、
以前より、かなり強固になって来たじゃないか。

とっとと、こっちを公定通貨にすりゃいいのにね。

これは、中国に限らないけど。


11: 名刺は切らしておりまして 2017/01/25(水) 19:10:07.39 ID:zsteXTJi.net

お金で遊ぶのは止めましょう。


12: 名刺は切らしておりまして 2017/01/25(水) 19:11:50.92 ID:XiyKDSv3.net

俺「ビットコインか・・買ってみようかな いくら?」
相場「1コイン=108657.5 円デス」

硬貨1枚が10万円超えててワロタ
金貨より高いじゃねーか 
材質は何よ ダイヤ?プラチナ?


14: 名刺は切らしておりまして 2017/01/25(水) 19:15:59.07 ID:uOdYjMj1.net

中国からは金が恐ろしい位の勢いで流失してるよ
中国人はみんな自分の金をいつ共産党に取り上げられるか心配で寝てもいられない
あの手この手で持ち出す
ビットコインも有力な手口だな
日本のマンションの爆買いもその持ち出した金を保全する一手段に過ぎない


15: 名刺は切らしておりまして 2017/01/25(水) 19:20:43.91 ID:p2SRyN9s.net

下手に意地を張るよりも、変動相場に移行した方が、傷が小さくて済むんじゃないのか?
それとも、もう引き返せない所まで来ている?


16: 名刺は切らしておりまして 2017/01/25(水) 19:28:54.66 ID:8vhIPIFP.net

まー自業自得(損)ですな


18: 名刺は切らしておりまして 2017/01/25(水) 19:39:57.31 ID:J0LTa4K8.net

消費税かからなくなったら買うかな


19: 名刺は切らしておりまして 2017/01/25(水) 19:42:44.91 ID:ywzgA6K3.net

ビットコイン銀行をやろうと考えたら、まず、預金者向けにビットコイン預金口座を開設します。
そしてビットコインを預かります(ビットコイン預金)。
ビットコインを銀行に送金してもらいます。
普通の銀行は現金を預かりますが、ビットコイン銀行の場合は、ビットコインを預かります。
そして預金者にはビットコイン通帳を渡して、ここにビットコイン預金額が書き込まれます。

さて、預金者がビットコインの引き出しを希望した場合は、預かっているビットコインを預金者のお財布に送金します。
ビットコイン銀行は、こうして預金者のビットコインを安全に預かります。そしてビットコイン預金金利を預金者に支払います。
ということは、ビットコイン銀行は貸し出しも行うことになります。これが信用創造です。

また、ビットコイン預金口座を開設している企業あるいは個人間における、ビットコイン預金の送金処理を行います。
この送金において、ビットコインそのものは送金されません。
なぜなら、送金をする預金者のビットコインも、送金を受ける預金者のビットコインも、
すべて銀行が預かっていますから、それをどこかへ移動する必要がないためです。
行うのは、送金を送る側と受ける側の預金者のビットコイン預金通帳の額を増やしたり減らしたりするだけです。これは普通預金の振込みの場合と同じです。
銀行は送金を行う場合、保管している現金を動かしたりしません。
預金通帳の預金額を増やしたり減らしたりするだけです。

いよいよビットコイン貸し出し(信用創造)です。これをやったら捕まるでしょうw
ビットコイン貸し出しといっても、ビットコインを貸し出すのではありません。
ビットコイン預金を貸し出します。つまり、借りたい人がいたら、その人のビットコイン預金口座にビットコイン預金を振り込みます。
そして返済の際には金利を上乗せしてビットコイン預金で返済します。

さて、銀行がビットコイン預金を貸す場合、極めて簡単です。
たとえば10BTCを貸し出すとき、銀行は自分の台帳(負債)に10BTCと記録して、貸し出す人の預金口座に10BTCと書き込みます。以上です。
ところで、銀行が保管しているビットコインはどうなったでしょうか?そのままです。増えも減りもしません。
なにしろ貸し出したのはビットコインではなく、ビットコイン預金なのですから。

ビットコイン預金なんか借りても意味ないだろうって?
いえいえ、銀行にビットコイン口座を持っている個人や法人の間では、ビットコイン預金口座を使って取引(送金)を行っていますから、ビットコイン預金での支払いができます。
ビットコインそのもので支払う必要はないのです。それは、現金で支払う必要が無いことと同じです。振込みとは、そういうことです。

ただし、これが成り立つのは、非常に多くの人々がビットコイン預金口座を持っていることが条件です。
なぜなら、預金口座を持っていない人には振り込みができないからです。
これは現在の現金と預金の関係と同じです。
預金という仕組みが成り立つのは、「ほとんどすべての人がどこかの銀行に預金口座を持っているから」なのです。

さて、先ほど銀行は10BTCをビットコイン預金として貸し出しました。
さらに貸し出しを希望する別の人が来たなら、同じようにビットコイン預金を貸し出します。
それでも相変わらず、手持ちのビットコインそのものは減りません。
そうです、つまり、無限にビットコイン預金の貸し出しが可能なのです。
これは基本的な仕組みは現金と預金の関係においても同じです。
つまり、縛りが無い限り、銀行は無限に預金を貸すことができるのです。
もちろん、そんなことしたら大騒ぎなので、貸し出しには制限があります。

長くなったので、このあたりでやめますが、預金とはそういうものです。
つまり、預金がおカネとして通用するのは、あくまでも銀行が有する個人や法人の巨大な「預金口座のネットワーク」があるからです。
それが「信用」の正体(のひとつ)でもあります。
それがゆえに、銀行は台帳を操作するだけで、預金をどんどん貸し出すことができます。


http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1485337539/
posted by まだおっち at 22:00 | Comment(0) | 仮想通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: