アクセスランキング
2017年11月29日

「日本は借金まみれ」という人の根本的な誤解 Part.2

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2017/11/22(水) 14:10:59.06 ID:CAP_USER.net

日本の経済メディアでは、「金融緩和・財政政策拡大をやりすぎると問題・弊害が起こる」という論者のコメントが多く聞かれる。
村上 尚己 : マーケット・ストラテジスト

 日銀は本当に「危険な金融緩和」を続けているのだろうか

実際のところ2008年のリーマンショック直後から、米国の中央銀行であるFRBは、国債などの大量購入に果敢に踏み切り、それが一足早い米国経済の正常化を後押しした。その後、2012年の第2次安倍晋三政権誕生後の日銀総裁・副総裁人事刷新を経て日本銀行はFRB(米国連邦準備制度理事会)にほぼ4年遅れる格好で大規模にバランスシートを拡大させる政策に転じた。

これが、アベノミクスの主役となった量的質的金融緩和政策が始まった経緯である。筆者には日本のメディアがこれを正しく伝えているようには思われず、いまだに日銀は「危険な金融緩和」を続けているなどといわれている。

実際には、最も金融緩和に慎重とされたECB(欧州中央銀行)も含めて、多くの先進国の中央銀行は大規模な資産購入拡大を行っており、日銀もその1つにすぎないというのが投資家の立場での、筆者の見方である。つまり、雇用を生み出し国民生活を豊かにするために、米国などで実現している金融緩和政策が、日本でも2013年になって遅ればせながら実現しただけである。始めるのが遅かったのだから、FRBよりも日銀の出口政策が遅れているのは、やむをえない側面がある。

また、アベノミクス第2の矢とされた拡張的な財政政策は、政府部門の債務を増やす政策である。「日本の財政は危機的な状況にある」というのが通説になっている。

「借金が増え続けている」というフレーズだけを聞くと、不安に思う一般の人々が多いのは仕方ないかもしれない。たとえば年収500万円の人が、1000万円の借金を抱えることになれば、その負担が大きいのは確かだ。そして、日本は国民1人当たりの借金が数百万円に達するなどと頻繁に伝えられている。

しかし、メディアでいわれる「日本の借金」とは、個々の家計が抱える借金とはかなり異なるのが実情である。国民1人当たり数百万円の借金があるという言い方は、機械的に計算するとそういう数字が出てくるだけにすぎない。

これは、日本の財政状況の危機が深刻であるかのように政治的にアピールする方便の1つだと筆者は常々考えている。この事実を理解するには、政府・企業・家計という主体別にバランスシートを分けて考えたうえで、俗にいう「日本の借金」は、実は政府の負債であり、家計や企業から政府が借金しているという貸借関係を頭に入れる必要がある。

そうすると、「日本の財政状況は、家計が大規模な借金を抱えている状況」というイメージと実情がまったく異なることが理解できる。よく知られている話かもしれないが、政府部門では、2017年3月末時点で、借金である国債などが1052兆円の負債として計上されている。

残りはソースを参照
2017年11月21日
東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/amp/197886

※前スレ
【国債】「日本は借金まみれ」という人の根本的な誤解
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1511247478/


7: 名刺は切らしておりまして 2017/11/22(水) 14:28:34.93 ID:JwsXKW6f.net

借り手=公務員
貸し手=国民


8: 名刺は切らしておりまして 2017/11/22(水) 14:29:39.21 ID:pjLRt/7k.net

自国通貨建ての国債なんて借金の内に入らない。
破綻の定義とか、何がどーなったら破綻するのか、当の財務官僚や御用学者ですら説明できてない。
もう長年に渡るプロパガンダも賞味期限切れだ。

基礎的財政収支(プライマリーバランス)なんてのは安全保障を危うくした元凶だ。
財務省のクソ官僚共は財源なんて無くても緊縮財政の必要が無い事を認めた方が良い。


13: 名刺は切らしておりまして 2017/11/22(水) 14:32:17.49 ID:COvumaPf.net

財務省の罠。日銀がどんだけ国債抱え込んでるか。安倍総理もプライマリーバランス
しか注意してない。消費税にしたって法律で上げるだけの硬直化した考え方じゃなく
消費動向に応じてフレクシブルに上下させる国家経営が必要。


15: 名刺は切らしておりまして 2017/11/22(水) 14:34:50.85 ID:by0wBb7j.net

今は問題無いかもしれないけどさー
物凄い勢いで増える借金、貸し手の国民はいつまで貸せるの?
限界はいつか来るよね?手を打つ必要あるよね?


>>15
日本円建てである限り「国民が貸せなくなる」という意味の限界など永遠に来ない。


16: 名刺は切らしておりまして 2017/11/22(水) 14:35:00.26 ID:VYWZWEJf.net

財務省が税金徴収して、予算を配分して、
国会でまともに審議されないようなことを繰り返す限り財政の健全化なんて不可能だぞ。
だいたい一度つけた予算を廃止するような誘引も働かない。
民間企業の決算との差だ。財務省の権限ばかり増大化する。


http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1511327459/
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 借金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: