アクセスランキング
2018年02月27日

大学授業料「出世払いを」 私大団体連が提言

1: ノチラ ★ 2018/02/15(木) 13:11:44.29 ID:CAP_USER.net

日本私立大学団体連合会は15日までに、大学進学に伴う家計負担を軽減するための新たな修学支援制度の案を公表した。授業料などを卒業後の所得に応じて返済する「出世払い」方式を国公立大も含め導入。同時に国の私大向け補助金を大幅に拡充し、国立大と私立大の格差を是正する。

 政府は低所得者を対象にした高等教育無償化の制度設計を進めている。私大団体連は制度案を提言にまとめ、幅広い世帯を対象にした負担軽減も進めるよう訴える。

 新制度の名称は「高等教育機会均等拠出金制度」。学費の2割を在学中に支払い、残る8割は卒業後、一定の所得額に達すると給与から源泉徴収で返済する。学費を家計(保護者)ではなく学生本人の負担にする。

 私学助成や私大生の授業料減免に充てる財政支出を現在より1兆2千〜3千億円程度増額。国立大と私立大の間の公費支援の格差を是正する。

 私大団体連によると、私大生1人当たりの公的支出は年間約16万円で、国立大生の約13分の1。鎌田薫会長(早稲田大総長)は学生の家庭の平均収入の水準は私大より国立大の方が高いとした上で「国立大学に行くか私立大学に行くかで納税者の間に格差が出るのは問題だ」と訴えた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26929950V10C18A2CR0000/


4: 名刺は切らしておりまして 2018/02/15(木) 13:16:22.45 ID:4fC1fH6w.net

出世払いできる会社に就職させてくれる大学なのか?
行くだけで会社に就職できないような大学は潰した方がいい。


5: 名刺は切らしておりまして 2018/02/15(木) 13:16:45.38 ID:Pyoq9EAa.net

奨学金とどう違うんだ?


8: 名刺は切らしておりまして 2018/02/15(木) 13:18:52.48 ID:0/tRnTIA.net

それなら現行の奨学金で別にいいやろ。
年収200万円台とかなら滞納する前に連絡すりゃ毎月の返済額抑えたり
昔よりよっぽど柔軟に対応するようになってる訳だし


9: 名刺は切らしておりまして 2018/02/15(木) 13:18:56.57 ID:+wIk1gAj.net

出世できない奴は、払わなくていいのか。

私大も太っ腹だな。
よっぽど儲かってるんだろ


>>9
払えない場合は連帯保証人に請求が行きます


10: 名刺は切らしておりまして 2018/02/15(木) 13:19:10.83 ID:nLu6T0Wq.net

私立大学は目の前の現金がなくてやっていけるの?


11: 名刺は切らしておりまして 2018/02/15(木) 13:21:28.37 ID:TMM3KHP6.net

同業のつぶしあいが始まったようだなw


12: 名刺は切らしておりまして 2018/02/15(木) 13:22:48.90 ID:mYR/T0Ci.net

それって奨学金と一緒じゃね


13: 名刺は切らしておりまして 2018/02/15(木) 13:22:56.17 ID:9GoqDfzK.net

ローンと呼ばず奨学金で
今度は出世払いかよw


14: 名刺は切らしておりまして 2018/02/15(木) 13:23:44.12 ID:/IUp1mz5.net

だから出世しねーんだよ。
出世払いなら、東京大学ぐらいの大学だけ奨学金だせよ。


15: 名刺は切らしておりまして 2018/02/15(木) 13:23:46.60 ID:M3SSVeJR.net

F大の存亡を掛け 必死だなw


17: 名刺は切らしておりまして 2018/02/15(木) 13:24:54.71 ID:8n0wjFwf.net

教職員の給与を下げろ。それが先だ。


18: 名刺は切らしておりまして 2018/02/15(木) 13:27:43.78 ID:qNUUgAEA.net

旧帝大じゃないと出世できないよ。


20: 名刺は切らしておりまして 2018/02/15(木) 13:29:27.49 ID:FKzkZ13z.net

出世払いにしたきゃすぐできるだろ私大は受け取る側なんだから
どさくさにまぎれて補助金増やそうとしてるだけやん
大学多すぎるよ偏差値50以下の大学は廃止すべき


http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1518667904/
posted by まだおっち at 22:00 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: