アクセスランキング
2018年12月29日

年金支給額 来年度は0.1%引き上げの見通し

1: ムヒタ ★ 2018/12/23(日) 10:00:49.62 ID:CAP_USER.net

来年4月からの年金支給額は、物価と賃金がいずれも上昇傾向にあることから、0.1%の引き上げとなる見通しです。

年金の支給額は、物価や賃金の変動に応じて毎年決められますが、ことしは、全国の消費者物価指数が先月まで、1年11か月連続でプラスの状態が続いているほか、賃金の水準を示す指標も、プラスの傾向にあり、来年度の支給額は引き上げられる方向です。

一方で、物価と賃金の上昇よりも、支給額の伸びを抑制する「マクロ経済スライド」という仕組みも実施される見込みで、抑制分を差し引いた来年度の年金支給額は、0.1%の引き上げとなる見通しです。

引き上げにより、国民年金の支給額は月額6万5008円、厚生年金は夫婦2人の標準的な世帯で22万1504円となります。

実際の支給額は来月公表される、ことし1年間の物価上昇率を踏まえて正式に決定される運びで、支給額が引き上げられれば平成27年度以来となります。

2018年12月23日 5時17分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181223/k10011757421000.html


2: 名刺は切らしておりまして 2018/12/23(日) 10:02:48.69 ID:gDL6IryG.net

最低賃金を3%上げているんだから年金も3%上げよう
年金が0.1%増で良いのであれば最低賃金アップも0.1%とすべき


11: 名刺は切らしておりまして 2018/12/23(日) 10:23:14.62 ID:xZ9ugKKC.net

年金給付金は名目上、上がるけど、実質的には下がる。

めでたくなし、めでたくなし


23: 名刺は切らしておりまして 2018/12/23(日) 11:06:16.54 ID:FxS/2qdj.net

月22万円もらえる人人羨ましい。わが家庭は夫婦合わせて14万5千円。これは生活保護より
少ないか? 生活保護所帯は医療費補助などがあるから完全に、生活保護所帯より生活は苦しい。
 文句言っても誰も助けてくれないが。自己責任だといわれてさらに落ち込む。


>>23
夫婦揃って国民年金だけか?
国民年金はあくまでも死ぬまで仕事できる自営業者前提の補填制度やぞ


>>23
不足分を生活保護申請すれば良いだけやん
国が定めた福祉制度を受給する事に過度な拒絶反応持ち過ぎでは?

しかし国民に支給する金はほんと抑制するな
公務員給与並みに引き上げたれよ


30: 名刺は切らしておりまして 2018/12/23(日) 11:29:51.47 ID:Su9LkvAX.net

来年10月から、年金の所得が年77万円以下の高齢者には、月5000円の給付金が終身で受け取れるんだってよ。
月5000円の終身年金を作るのに、民間の保険会社だと保険料は150万円ぐらい必要だぜ。


31: 名刺は切らしておりまして 2018/12/23(日) 11:33:01.88 ID:Jh1tuWt/.net

年金が仮に20万円だったとして
0.1%は200円w


posted by まだおっち at 22:00 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: