アクセスランキング
2020年01月09日

景気先行き「横ばい」62% 主要122社調査 「五輪後息切れ」懸念も

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/04(土) 17:11:57.86 ID:CAP_USER.net

毎日新聞は3日、全国の主要122社に尋ねたアンケートの結果をまとめた。景気の先行きを「横ばい」と答えた企業が62%(76社)で最も多く、「良くなる」は26%(32社)にとどまった。「悪くなる」も9%(11社)あった。政府の景気判断は「緩やかに回復」を維持しているが、長期化する米中貿易戦争や中国の景気後退懸念などを背景に慎重な見方が広がっている。東京五輪・パラリンピック後の景気の息切れに対する懸念もあった。

 アンケートは2019年11月中旬〜12月中旬に書面で回答を得た。景気の先行きでは19年10月の消費税増税の影響について懸念もあり、「キャッシュレス決済のポイント還元制度が20年6月に終了し、消費動向に影響が出るのでは」(外食)といった声があった。

 20年夏の東京五輪・パラリンピックが景気に与える影響も注目される。1964年の東京五輪では、開催に合わせて東海道新幹線など巨額インフラ投資が実施され、五輪後は不況に陥った。90年代以降に夏季五輪を開催した7カ国の景気動向を振り返ると、スペイン(92年バルセロナ大会)、ギリシャ(04年アテネ大会)など4カ国で開催翌年の国内総生産(GDP)成長率が低下している。

 アンケートで20年東京五輪後の日本経済が失速するかどうかを尋ねると、「悪くなる」は21%(26社)あり、「良くなる」の7%(8社)を上回った。ただ「五輪の影響はない」も21%(26社)あり、最も多かったのは「分からない」の45%(55社)だった。

 政府は19年12月に策定した経済対策で「五輪後の経済活力の維持・向上」に4・3兆円を計上。「五輪後不況」を財政出動によって防ぎたい考えだが、「五輪後は関連需要の落ち込みに景気対策の息切れが加わり、景気が停滞するのではないかと懸念する」(伊藤忠商事)と不安視する声も聞かれた。

 一方で五輪への期待も高く、「20年は日本中が全世界から注目される」(三菱地所の吉田淳一社長)、「国内産業やテクノロジーの力を広く海外に訴求する機会だ」(リコーの山下良則社長)といった意見が相次いだ。

 景気の現状については、「踊り場にある」と答えた企業が57%(69社)と最多。「緩やかに回復」は27%(33社)で、19年1月にまとめた前回アンケートの72%から大幅に減少した。一方、前回0%だった「緩やかに後退」は16%(19社)に増加。「踊り場にある」も前回(28%)から倍増した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000003-mai-bus_all


3: 名刺は切らしておりまして 2020/01/04(土) 17:22:02.65 ID:iToSMJ5G.net

失敗の象徴


アベノミクス


4: 名刺は切らしておりまして 2020/01/04(土) 17:22:11.87 ID:ubYqv+C5.net

心配するな
誰が総理でも世の中はそんなに変わらん
常に高度経済成長期を引き合いに出して
今に状況をなじるが
高度経済成長期とは会社が社員に求める
スキルのレベルが違う
単純作業で辛抱さえできればいいの時代
と高度化した装置操作の高い技能が求め
られる時代は低能はお呼びじゃない


6: 名刺は切らしておりまして 2020/01/04(土) 17:28:03.89 ID:ubYqv+C5.net

高度経済成長期は川上から川下まで一貫して
内製していたが
仕事がグローバルに細分化されて単純な作業
しかできない者には仕事も報酬もない
ユニクロがそれを示している
デザインや企画やマーケッティングや販売企画
などは社員で雇って高い賃金を出すが
ミシンの縫製しかできない者に仕事はない
中国や東南アジアに外注委託 


7: 名刺は切らしておりまして 2020/01/04(土) 17:31:36.89 ID:ubYqv+C5.net

グローバル化とは世界がフラット化すること
日本国内ですべて完結する時代は終わった
ヒト・モノ・カネが国境を越えて自由に動き
回る時代は個人の能力のみが頼りになる
アベガージミンガーを繰り返しても何も変わらん


9: 名刺は切らしておりまして 2020/01/04(土) 17:36:59.55 ID:RwXWkyOA.net

>>7
今世界のトレンドはナショナリズムなんだから、5年前の講釈偉そうに垂れてても仕方ないぞ。
グローバリズムは国際的企業は儲けるが、国家単位では地盤が崩れ衰退する。ここ数年で結論出たことだろう


11: 名刺は切らしておりまして 2020/01/04(土) 17:42:31.77 ID:ubYqv+C5.net

>>9
第一次世界大戦に至った経緯を知らないのか
豊かな暮らしは交易からなんだよ
特に日本のように資源のない国はそうせざる
えないのが実情
加えて昔と違って経済圏が拡大しているんだよ
昔は欧米だけだったが今は中国を含む東南アジア
で自由貿易が当たり前なんだよ


13: 名刺は切らしておりまして 2020/01/04(土) 17:53:55.02 ID:SRx/ylbX.net

>>11の主張してることはグローバリズムではないと思う・・w

世間一般で言われてるグローバリズムとは、90年代のネオリベの教義
(wikiによると「アメリカ流の無規制資本主義」)だろう

交易立国であることは、別に無規制でなければ不可能ということではないし
戦前からも資源の無い交易立国はフツーにあった

世界がひとつにならないと交易できないわけでもなかったしな
経済ブロック内でやってもいいんだし、補完する関係の数ヶ国間のみでも成り立つだろう


8: 名刺は切らしておりまして 2020/01/04(土) 17:34:11.20 ID:9FPm7tDw.net

そもそも五輪できんの?

ガチのテロと戦ったことのない日本で、ミュンヘンの時見たく
今度は大勢の観衆の前でアメリカの選手団に何かされるようなことになってみ?


12: 名刺は切らしておりまして 2020/01/04(土) 17:44:57.18 ID:rLlJk6Nx.net

全く問題はない
大事なのは雇用数の増加と有効求人倍率と最低時給3%ここだけ
雇用数が増えれば全てのマイナスを覆い尽くすし
それは有効求人の高さでカバーできる
不景気とは3Kすら仕事がないことを言う
最低時給が毎年3%づつ増えていくと分かれば下層階級の不満を吸収できて
改革の妨害をすることはない


http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1578125517/
posted by まだおっち at 17:00 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: