アクセスランキング
2020年07月05日

大学の特許収入、米は日本の22倍 進まぬ産学連携

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/06/22(月) 16:35:43.72 ID:CAP_USER.net

日本の大学で生まれる発明が収益につながっていない。特許1件あたりのライセンス収入は米国の22分の1にとどまる。企業から大学への投資も海外に比べて小規模だ。学術活動やその成果を経済的に適正に評価・活用できなければ人材が流出し、研究の土壌が痩せ細る悪循環も懸念される。(五艘志織)

「大学の研究がビジネスで十分に活用されていない」。内閣府の担当者は危機感を募らせる。日米で比較可能な2017年度のデータ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

2020/6/21 23:00 (2020/6/22 7:06更新)
日本経済新聞 電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60612970R20C20A6NN1000/


>>1
大学の特許を企業がカネけちって使わないのが悪い


2: 名刺は切らしておりまして 2020/06/22(月) 16:55:22.02 ID:rVS5iOQL.net

優秀な人材を世界から集める上に研究費が桁違い


3: 名刺は切らしておりまして 2020/06/22(月) 17:03:27.25 ID:fAhsjlWH.net

そもそもビジネス嫌いだろ


4: 名刺は切らしておりまして 2020/06/22(月) 17:03:45.47 ID:a4ubrDiF.net

むしろ20分の1程度もあるのか!

そっちの方が驚きだわ。

確か日本の特許収入って名古屋大学のダイオードか何か1件で半分くらいの割合なんだろ?


6: 名刺は切らしておりまして 2020/06/22(月) 17:46:12 ID:SctXIMwU.net

産学連携はしょっちゅうやってるけど、それが大学の収益につながってないだけでは?
有り体に言えば、企業のただ乗りがあるのではないか。


7: 名刺は切らしておりまして 2020/06/22(月) 17:53:36 ID:FT4zyYBZ.net

オレの知り合いの研究者は皆「仙人」みたいだ。
特許収入など、全く、眼中に無い。
皆、真面目に「真理の探究」にいそしんでる。
皆で、この真面目な研究者達を支えよう。


8: 名刺は切らしておりまして 2020/06/22(月) 18:03:01.36 ID:5RW534Iu.net

大学にいたが、若いころには産学協同は目の敵にされていた。ところがある時期を境に
外部資金導入やら算学連携が叫ばれだした。時代の変化がその向きだったとは思うが、
誰かが突然言い出したのだろう。アメリカの大学の場合には歴史があって今の状況が
生まれたが、それを目指すにしても突変で成就できる話ではあるまい。国が金を出し
渋ればそちらに動くと思っていたようだが、それより研究力の衰退の方が目に余る。
もう少し、戦略的な眼を持ってことを運ぶべきだ。今のままでは大学の空洞化(チャ
ラさを目指す学生は集まるが、学問をしようという若者は外国に逃げる)に歯止めが
かからない。


9: 名刺は切らしておりまして 2020/06/22(月) 18:14:06.66 ID:doQXa+aU.net

本庶さんが訴えるくらい企業がガメツイからだろ


10: 名刺は切らしておりまして 2020/06/22(月) 18:15:10.62 ID:pK5ErleY.net

学術界が左翼思想だから無理〜


11: 名刺は切らしておりまして 2020/06/22(月) 18:23:27.60 ID:CL6yhPl1.net

教授会や評議会が閉鎖的過ぎるのさ。
学長が審議で拒否ったらそれまでだろうし。


12: 名刺は切らしておりまして 2020/06/22(月) 18:32:51.72 ID:ei6VK+qw.net

学術界が左翼だしビジネス知らない。
金儲けが嫌いな研究者が多い。

商は詐なり。

金を稼ぐというのは、それだけ、世の中に価値を創ったってこと。
そう考えられないノーベル賞受賞者もいて、日本を沈めてしまう。


13: 名刺は切らしておりまして 2020/06/22(月) 18:34:55.85 ID:WgAFlerE.net

そら企業はどうやって特許回避または特許無効にして使うかに頭使ってるからな。
うちの企業も商品化するために他者の特許無効申請だしまくってるし


http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1592811343/
posted by まだおっち at 21:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: