アクセスランキング
2020年10月12日

GoToイートに最低利用料 昼500円、夜1000円

1: ムヒタ ★ 2020/10/08(木) 12:57:42.20 ID:CAP_USER.net

加藤勝信官房長官は8日午前の記者会見で、政府の外食需要喚起策「Go To イート」のポイント付与に、最低利用料を設定する方針を示した。昼食は500円、夕食は1000円未満の場合はポイントを付与しない方向で調整する。

獲得ポイントより少ない金額の商品を注文し、差額を得る利用客が相次いでいる問題に対応する。加藤氏は「国民の皆さんの公平感に反することがないような対応を検討する」と述べた。

1日に始まった同事業は予約サイトを通じて飲食店を予約すれば1人当たり昼食は500円、夕食(午後3時以降)は1000円相当のポイントが付与される。ポイントは次回以降の予約で利用できる。

ポイント額を下回る食事しか注文せず、予約を繰り返して差額を得る手法がインターネット上で「錬金術」と呼ばれている。
2020/10/8 12:48
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64760880Y0A001C2MM0000/


>>1
予約サイトが無駄


2: 名刺は切らしておりまして 2020/10/08(木) 12:58:25.47 ID:9vJV9GAL.net

じゃあこれで正式に
400円ゲットか


3: 名刺は切らしておりまして 2020/10/08(木) 12:59:37.59 ID:MdCcFNAL.net

また玉川に負けたな
この20年日本の政治家と官僚は何をしてきたんだろうな


6: 名刺は切らしておりまして 2020/10/08(木) 13:13:40.01 ID:bAzxd4Mj.net

予約サイト、というか食べログがボロ儲けするだけで
飲食店は何も儲からないか下手したら損するだけ(特にランチ)の謎制度

参加する店が少ないのも当然

やるならせめて最初から全部商品券にするべきだった


7: 名刺は切らしておりまして 2020/10/08(木) 13:16:54.48 ID:rzzCTfRV.net

食事券を配ればよかったのに。
役にたたね〜官僚


9: 名刺は切らしておりまして 2020/10/08(木) 13:23:23.97 ID:10yAaT/2.net

予約サイトに税金が流れれば法令は成功だったから
官僚も議員も法案に文句つけなかったんだよな
これが日本の立法と行政


10: 名刺は切らしておりまして 2020/10/08(木) 13:23:43.02 ID:/9lQmQjW.net

これ今までの古事記行為はポイント貰えるの?
eat開始日に遡ってポイント計算だったら良くやっただけど


11: 名刺は切らしておりまして 2020/10/08(木) 13:25:46.32 ID:xHF+mr2+.net

僅かであっても感染のリスクを周囲に与える国策及びそれに準ずる事案、
即ちGOTOオリンピックなどに参加しようとは思わない
必要に迫られて外出を迫られる場合に他者にリスクを賦課する場合すらも
本来あってはならない事だ
ただの風邪やインフルエンザではないのだから
数年後に収束するだろうという見方も現時点で願望に過ぎない
インバウンドにより国内にウイルスを大量に輸入した政治家の責任を曖昧にしたり、
逆に加担するなどの行為は自国民として適切な理解と配慮に欠けると評価する


12: 名刺は切らしておりまして 2020/10/08(木) 13:32:53.91 ID:ahM909g9.net

それよりもコース予約を一人でもできるようにしろよ。
晩ご飯食べるのに使えねーじゃん、


13: 名刺は切らしておりまして 2020/10/08(木) 13:34:04.31 ID:U0nSltJh.net

1 仲間や親族を動員して予約をさせ、店頭で立ち食いで特売サービス10円の漬物だけ食べて帰ってもらう。
2 店側は、席の確保などをする必要はなく、機会損失なども含めて、実害は全く無し。
3 これを数分おきに繰り返せば、1日で百回以上のポイント・ゲットができる。
4 客となった仲間や親族に、別の日に再度来店してもらい、今度はスペシャル漬物10万円を食べてもらう。

以上は完全に合法。
みんなが何十万円もゲットできるので、みんなハッピー。

こういうことを想定できない官僚は、テストの偏差値が高いだけで、想像力貧困なマヌケな馬鹿。


http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1602129462/
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: