アクセスランキング
2020年12月20日

日銀のドル資金供給オペ、金融機関の応札なく残高ゼロに

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/12/08(火) 18:00:00.54 ID:CAP_USER

日本銀行が8日に実施した米ドル資金供給オペで金融機関からの応札がなく、同オペの利用残高はゼロになった。日銀金融市場局市場調節課に確認した。残高は3カ月物のオペが期日を迎え始めた6月から急速に減少し、足元では1週間物でも応札がない状態となっていた。

  米ドル資金供給オペをめぐっては、主要6中央銀行が新型コロナウイルス感染の影響でドル資金の枯渇問題が深刻化した3月にドル流動性供給オペを拡充した。日銀が実施したオペの利用残高は一時、2000億ドル以上に膨らんだ。ただ、今年の半ば以降はドルの資金需給が落ち着いている。

  三菱UFJモルガン・スタンレー証券の六車治美シニアマーケットエコノミストは、「邦銀の調達構造の変化やFRB(米連邦準備制度理事会)の金融緩和で、年末でも米国の短期金利は非常に落ち着いており、ドル資金を取り上がる動きが抑えられている」と指摘。「オペの需要が乏しいことはドル調達環境が安定している良いサインで、今後もセーフティーネットとして継続されるだろう」との見方を示した。

  日銀は10月に公表した金融システムリポートで、邦銀がドル預金の拡大やドル建て社債などによる長期の調達で安定性を高めたと指摘し、「政策対応も有効に作⽤したことで、邦銀の外貨資⾦繰りに⼤きな⽀障が⽣じる事態は回避された」としている。
□金融システムレポート : 日本銀行 Bank of Japan
https://www.boj.or.jp/research/brp/fsr/index.htm/
□金融システムレポート(2020年10月号)(PDF)
https://www.boj.or.jp/research/brp/fsr/data/fsr201022a.pdf
https://www.boj.or.jp/research/brp/fsr/data/fsr201022b.pdf

2020年12月8日 16:00 JST
Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-12-08/QL0A1UT0AFB401


2: 名刺は切らしておりまして 2020/12/08(火) 18:02:41.81 ID:tNgH5a4V

つまりどういうこと?


3: 名刺は切らしておりまして 2020/12/08(火) 18:03:37.04 ID:oe3YmcrI

>>2
円高ドル安が進む。トヨタなど輸出関連銘柄が下がる。


11: 名刺は切らしておりまして 2020/12/08(火) 18:17:11.26 ID:118Tt/D2

>>3
ドルを必要としてない銀行ばかり→ドルが売られるって考えなのかな?
まあ、ドルあまりになってるということは確かにドル→円の流れが強いということなんだろうけど。


4: 名刺は切らしておりまして 2020/12/08(火) 18:07:23.14 ID:RbOEwpUu

ドルなんて飾りです

偉い人にはそれがわからんのです


7: 名刺は切らしておりまして 2020/12/08(火) 18:14:11.09 ID:BOwCYuE8

1ドル50円くらいにならんかね

今は日本人の労働価値が不当に安売りされてる状態


10: 名刺は切らしておりまして 2020/12/08(火) 18:16:39.22 ID:r0H3+/H3

>>7
日本人の労働の価値が高過ぎて企業が撤退して働く場がなくなるだろ、ドアホ


9: 大島栄城 ◆n3rBZgRz6w 2020/12/08(火) 18:16:36.29 ID:NfB5TEvN

円高関係あるのか?

こ臭いが、株にいって売れないでは?


12: 名刺は切らしておりまして 2020/12/08(火) 18:17:29.03 ID:+LcPae+y

ドルを刷っているんだからドル安になるのは当たり前
日本も円を刷り負けぬようにしないと民主党政権の円高と同じようになる


13: 大島栄城 ◆n3rBZgRz6w 2020/12/08(火) 18:18:46.52 ID:NfB5TEvN

俺を引きこもりだなんだいって、それで金融緩和してドル印刷ばっかがFRB


https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1607418000/
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: