アクセスランキング
2021年01月15日

前澤友作・ZOZO前社長が語る「毎日10万円を10人に配り、1本数百万円のワインを飲む」理由

1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/01/10(日) 11:15:10.04 ID:CAP_USER9

1/10(日) 11:12配信
文春オンライン

前澤友作氏(スタートトゥデイ社長)

「全社で上場を目指します」。「ZOZO」創業者で、スタートトゥデイ社長の前澤友作氏は、今年の元日、日本経済新聞に掲載されたカラー広告で、13の事業を始動させることを大々的に発表した。さかのぼること1年半。2019年9月に前澤氏はファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOの保有株式の大半を売却し、代表取締役を退任することを明かしていた。

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

 前澤氏が新しく手掛けるのは、(1)フィンテック事業、(2)ひとり親の養育費保証事業、(3)ペットを幸せにする事業、(4)サバの養殖事業、(5)釣りSNS事業、(6)自宅で健康チェック事業、(7)医療介護マッチング事業、(8)プライベートジェット事業、(9)海中旅行事業、(10)有名人にあなた向けの動画を注文できる事業、(11)子供の才能を伸ばす事業、(12)大学生向け履修管理アプリ事業、(13)政治家の選挙活動支援事業の13事業だ。

 前澤氏は月刊「文藝春秋」の2時間におよぶインタビューで、事業立ち上げの意図を次のように語っている。

総額約100億円の出資
「『事業家の皆さん、出資しますので一緒にやりましょう』という想いで、昨年、出資先を探すために『10人の起業家』という企画を打ち出しました。そこでご縁のあった企業に加え、自社で事業も立ち上げました。総額約100億円の出資ですが、たとえば(2)のひとり親支援事業は、元パートナーからの養育費の支払いを保証するための企業を設立しました。日本では離婚による母子家庭のうち養育費を受け取れていない方が75%を占めるなど、養育費は大きな社会問題となっている。新会社ではひとり親に対し、養育費を安定的に受け取れるように、法律の専門家と協力してサポートします。

 出資の仕方は事業によってさまざまです。僕が100%株主を務める事業もありますが、そうでないのもある。ただ共通するのは、単に投資家として出資するのではなく、創業した経営者と事業規模を大きくするため、経営方針にまで深くコミットするつもりです。VC(ベンチャーキャピタル)のように上場させて株を売り抜けて儲けようという考えは毛頭ありません」

 なかでも特に思い入れがあるのがフィンテック事業だという。

「これまでとは違った新しいお金の流れをつくるための電子決済事業にしたい。この事業を通じて、お金で苦しむ人を1人でも減らし、世間の方々がお金の価値観を見直すきっかけにしたいと思っています」

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210110-00042778-bunshun-000-1-view.jpg?
https://news.yahoo.co.jp/articles/9543aa94ca4d598cbb13c0038f17becf23486b11
>>2続く


2: 爆笑ゴリラ ◆GORI./qCTM 2021/01/10(日) 11:15:19.04 ID:qn466CuH0

「お金配りおじさん」を始めたワケ
 ここ最近、前澤氏は、「お金配りおじさん」と自ら称し、ツイッターを駆使し自分のお金を配ってきた。2019年1月、お年玉で100万円を100人に配った(計1億円)のを皮切りに、2020年のお年玉では100万円を1000人に配ったり(計10億円)、ひとり親や夫婦を対象にした基金を立ち上げた。また2020年の7月からは毎日10万円を10人に配り続けている。こうした「お金配り」に込めた想いについてこう語る。

「この『お金配り』には本当に様々な意見が寄せられます。『下品だ』というお叱りの声、また『経済的に困っているから』参加する人。そして『なんとなく面白そう』『新しい寄付の形』ととらえる人もいれば、『バカが応募している』などと参加者まで叩く容赦ない声まであります。

 どうして批判を受けてまでお金を配るのかと聞かれることもあります。最大の理由は、僕がいま手にしているお金は自分1人で稼いだものではないからです。いろんな方々に協力していただき、たまたま今、僕が持っているだけ。そんな思いが強い。だから社会にどんどん還元し、恩返ししないとダメだと思うんです。その手段のひとつが『お金配り』です。多くの人が事業や勉強、生活など、新しいことを始めるきっかけになればいいと思っています」

「お金を自分の手元に滞留させてもいいことがない」
 3.5億円の高級外車や、数百万円の高級ワインなど、大金を使い続ける意図についても明かしている。

「僕は大金を使う際、誰にどう還元できるか、恩返しできるのか、誰かを応援してみたいという視点で考えています。そうじゃなきゃ自分で運転しないのに1台3億5000万円のスーパーカーなんて買わない(笑)。パガーニ・ゾンダZOZOというイタリア車で、生産終了したモデルを特別にカスタムしてもらい世界に1台しかありません。車工場で実際にものづくりに携わる方から、技術や夢について話を聞くと、その人たちの情熱を誰かが継承しなくてはいけないと思うのです。たまたま経済的に恵まれ、お金を持っている人がそれをやらなくてどうするんだという気持ちが生まれます。

 ただ、こういうお金の使い方が皆さんに理解されないのもわかっています。『そんなこと言っても金があるから買えるんだろう』で終わってしまう。それでも僕はお金を自分の手元に滞留させてもいいことがないと思っています」

 1月9日発売の「文藝春秋」2月号 および「 文藝春秋digital 」では、前澤氏が大金を使い続ける理由や、人生を決定づけたという高校時代の2つの体験、そして幼少期から培ってきたという「お金の哲学」などについて12ページにわたって明かしている。


3: 名無しさん@恐縮です 2021/01/10(日) 11:15:51.16 ID:VsTCNeQC0

もう配ってねーだろ
配ってるってことにしてるけど


4: 名無しさん@恐縮です 2021/01/10(日) 11:16:30.98 ID:uDbhI2Fx0

成金らしい下品なふるまい
だが彼のおかげで助かっている人間が大勢いるのだから批判すべきではない


5: 名無しさん@恐縮です 2021/01/10(日) 11:17:01.75 ID:uTCpx5e40

御託はいいから1億くらいくれ
あとゴーリキーと結婚してあげてくれ


6: 名無しさん@恐縮です 2021/01/10(日) 11:18:29.91 ID:CNRbX6vg0

まーた大量に嫉妬民がわきそうw


7: 名無しさん@恐縮です 2021/01/10(日) 11:18:44.14 ID:yV3V4l6l0

金を配るというより、恵まれてない奴を雇用してやって
生活を安定させてやった方が評価は高かっただろう。


8: 名無しさん@恐縮です 2021/01/10(日) 11:19:39.68 ID:u6S/8Aqf0

コロナのワクチンに投資したビルゲイツや難病研究の基礎研究に投資したザッカーバーグと何でこんなに差がついた?


9: 名無しさん@恐縮です 2021/01/10(日) 11:20:08.75 ID:y5NXZjOV0

持ってるのに使わない奴よりは
どんな形でも使う奴の方が全然いい


13: 名無しさん@恐縮です 2021/01/10(日) 11:22:03.92 ID:ClCTKBBj0

>>9
反社に配っても?


12: 名無しさん@恐縮です 2021/01/10(日) 11:21:57.91 ID:2CUgABwW0

金使うってのも結構難しそうだな


https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1610244910/
posted by まだおっち at 21:00 | Comment(0) | 芸能人・セレブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: