アクセスランキング
2021年09月14日

気付かないうちに進行している「悪い円安」

1: 田杉山脈 ★ 2021/09/02(木) 13:36:59.45 ID:CAP_USER

<為替相場は動いていないが、実は日本円の価値はどんどん低下している。それが意味するのは、日本人が貧しくなっているという現実だ>

ここ数年、日本円の為替レートに大きな変動が見られない。だが現実には実質的な円安が進行中で、日本人の購買力は年々低下している。物価の違いを考慮すると日本円は1970年代の水準まで(名目上の取引レートとしては1ドル=250円程度)円安になったと考えることも可能だ。

一般に為替レートは物価水準に応じて変化するといわれる(購買力平価)。だが、為替レートは物価だけでなく、投機的な需要や通貨全体の信頼度、輸出入に伴う実需などさまざまな要因で決まる。何らかの理由で為替レートが大きく変動しないこともあり、今の日本円はまさにそうした状況といってよい。

通常、為替が円安になれば輸出金額が増えるので海外に製品を販売する企業は有利になる一方、輸入金額も増えるので輸入する企業にとっては不利になる。円安で増加した仕入れコストを製品価格に転嫁すれば、消費者は同じものをより高い値段で購入しなければならない。

為替が変動しなくても、日本の物価が横ばいで推移し、海外の物価が上昇した場合には、為替が安くなったことと似たような影響が及ぶ。1ドル=100円で、海外から2ドルの商品を輸入すれば、日本人は200円を支払う必要があるが、海外の商品が3ドルに値上げされれば、為替レートが同じでも300円払わないと商品を購入できない。

為替水準は70年代半ばと同水準
物価の違いを考慮した日本円の各国通貨に対する為替レート(実質実効為替レート)を見ると、現在の為替水準は70年代半ばとほぼ同水準となっている。70年代半ばといえばニクソン・ショック(米政府による金とドルの兌換停止。この措置によって為替市場は変動相場制に移行した)直後であり、1ドル=360円の固定レートが崩れ、円高が進んでいた時期である。

当時の為替レートは1ドル=200円台なので、日本人の実質的な購買力はこの水準まで低下したとの解釈も可能だ。ちなみに75年時点における日本人の平均所得はアメリカ人の約6割だった。その後、日本人の所得が上がってアメリカと同水準になったが、90年代以降、再び下落しており、現在はやはりアメリカ人の6割程度しかない。
https://www.newsweekjapan.jp/kaya/2021/08/post-155.php


3: 名刺は切らしておりまして 2021/09/02(木) 13:40:21.68 ID:MlnyTL8a

>>1
200円超えてから言え、

プラザ合意から日本の衰退は始まった


2: 名刺は切らしておりまして 2021/09/02(木) 13:39:34.23 ID:ibw6mcpj

下丘市民から上丘市民に金吸い上げるには
円安 株高に限るね


5: 名刺は切らしておりまして 2021/09/02(木) 13:47:29.58 ID:MkpOXXML

ドル円だけ見てれば変わらないように見えるんだよな
でもよく最近の車は高くなったとかいうけどあれも円が斜陽だからなんだろう


8: 名刺は切らしておりまして 2021/09/02(木) 13:48:08.39 ID:mV7KhzIC

大して円安にはなってない
経済循環の抑制は大事な政策
あーそれにしても安住の円高は最悪の円高だったな


10: 名刺は切らしておりまして 2021/09/02(木) 13:51:07.59 ID:ZiQ8sn8H

>>8
ちょっと何を言ってるのか全く意味不明w


11: 名刺は切らしておりまして 2021/09/02(木) 13:54:00.62 ID:M9xd1Bkn

実際に円安を体感するのはクルマとスマホの値段だね


12: 名刺は切らしておりまして 2021/09/02(木) 13:54:51.86 ID:Ka+mmTjc

ゆうちょ民営化時に預金200兆円で米国債を買わされた。 その見返りとして小泉は一兆円、ケケ中は二兆円分の米国債キックバックをもらってることは公にされていない。


13: 名刺は切らしておりまして 2021/09/02(木) 13:55:46.54 ID:XnNDkoTv

この手のスレはいっぱい立つけど機能しない。大半が実質実効レートを理解してないし。自分のイメージによる円安円高を妄想的に語るだけになる。


https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1630557419/
posted by まだおっち at 10:15 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: