アクセスランキング
2022年06月11日

コロナで借金した人が相次ぎ自己破産、既に20億円が返済困難に

1: 田杉山脈 ★ 2022/06/04(土) 18:50:05.97 ID:CAP_USER

新型コロナウイルスの影響で生活が苦しくなった人に、国が無利子でお金を貸す仕組みがある。返済期限はまだ先にもかかわらず、既に「返せない」と自己破産する人が相次いでいる。返済困難な金額は現時点で約20億円に上り、今後さらに膨らむのが確実だ。大半が返ってこない恐れもあり、最終的には国民負担に跳ね返る。なぜ生活再建に結び付かず、苦境に追い込まれる人が多く出てくるのか。取材すると、制度の「弊害」が浮かんできた。

▽最大200万円まで借りられる

 この制度は「特例貸し付け」と呼ばれ、コロナ感染が広がり始めた2020年3月に設けられた。最大20万円の「緊急小口資金」と、最大60万円を3回まで貸す「総合支援資金」という2種類があり、最大200万円まで借りられる。いずれも無利子だ。市区町村の社会福祉協議会(社協)が受付窓口になっている。申請期限は延長を繰り返し、今も利用可能。8月末まで受け付けている。

 緊急小口資金は2年以内、総合支援資金は10年以内に返済が必要で、早い人は来年1月から返済が始まる。

 ▽自己破産や債務整理、5千人

 「既に利用者から自己破産の通知が毎日のように届く」。社協の職員からそんな話を聞き、私たちは4月に47都道府県社協を対象に調査してみた。「利用者から債務整理の手続きに入る通知が届いたり、自己破産などが決定したりしたケースはどれだけありますか」

 38都道府県から回答が得られた結果、自己破産や債務整理の手続きをした利用者が全国で少なくとも約5千人いることが分かった。1人で複数回借りる人も多いため、貸付件数では約1万8千件に上る。自己破産や債務整理のケースでの貸付額を答えたのは19県だけだったが、それでも計約19億6千万円に達した。以前から他に借金があり、多重債務状態だった人が多いとみられる。
https://nordot.app/902369674899488768?c=39546741839462401


2: 名刺は切らしておりまして 2022/06/04(土) 18:50:48.77 ID:zNlzKq6u

黒田「パンが買えないならお菓子を買えばいい」


3: 名刺は切らしておりまして 2022/06/04(土) 18:51:27.17 ID:+/8eht5v

前澤のポケットマネー以下


4: 名刺は切らしておりまして 2022/06/04(土) 18:52:24.93 ID:Vvr4iRMt

無利子ならずっと借りてたら駄目なん


9: 名刺は切らしておりまして 2022/06/04(土) 18:59:57.11 ID:LsQtBCZR

>>4
返済日が来たら返済日を新しく設定してもらう手続きだけして
借りっぱなしとかね


5: 名刺は切らしておりまして 2022/06/04(土) 18:54:22.22 ID:Vvr4iRMt

取り敢えず毎年100円ずつ返済したらよかね


6: 名刺は切らしておりまして 2022/06/04(土) 18:54:26.96 ID:LOSHxzu7

貧乏人に貸した金は返ってこないのは暗黙の常識w
貧民はいつも借金の話をすると腹を立てて、中には恩のある人を刃物で刺して殺害する奴までいる

そういうわけで、貧民にはカネも信用もないのれすw


7: 名刺は切らしておりまして 2022/06/04(土) 18:56:03.53 ID:HwWDWU9R

>>6
税金からだから問題ないんじゃね?
中抜きとかに比べたら


8: 名刺は切らしておりまして 2022/06/04(土) 18:59:26.21 ID:LOSHxzu7

>>7

税金ふんだくって返さなくてもいいって
阿武町のアレみたいな奴だなww

だいたい、貧民って口では偉そうに言うけど
中身は阿武町のアレとほぼ同じレベルの連中だってみんな知ってるぞww


10: 名刺は切らしておりまして 2022/06/04(土) 19:00:28.29 ID:uUWOFtRy

俺も破産しまーす
返せるわけ無いだろこれが乞食日本の現実


11: 名刺は切らしておりまして 2022/06/04(土) 19:00:54.61 ID:ICd38SXl

税金だから自己破産できないんじゃ?


12: 名刺は切らしておりまして 2022/06/04(土) 19:01:35.50 ID:LOSHxzu7

貧民にカネ貸すな、は鉄則w


https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1654336205/
posted by まだおっち at 21:00 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: