アクセスランキング
2022年06月29日

あるか円安阻止介入 米が不支持でも

1: 田杉山脈 ★ 2022/06/14(火) 15:39:48.03 ID:CAP_USER

急速な円安が進む中、日本の当局による円買い為替介入の有無に関心が強まってきた。米国は日本のドル売りを支持しない姿勢を示唆しており、実施するなら同国の理解を得ない状況での行動になりそうだ。米国に支持されない介入は2011年にも前例があるが、これは円売りだった。円買いの場合、「弾薬」が尽きる懸念が効果をそぐかもしれない。
介入への関心が強まったきっかけは、10日に財務省、金融庁、日銀が開いた「3者会...
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD1409U0U2A610C2000000/


2: 名刺は切らしておりまして 2022/06/14(火) 15:42:54.96 ID:CyRIWbkx

利上げできないんだから無理です

儲かる確率が高いところを投資家は見逃しません
 
安全に儲かる円売りに資本家が集まるのは自明

自民党と黒田が作り上げたのはただの「円弱」


3: 名刺は切らしておりまして 2022/06/14(火) 15:43:01.84 ID:VFEtP71r

金融緩和と円買い為替介入同時進行なんて絶対ないから


5: 名刺は切らしておりまして 2022/06/14(火) 15:52:31.26 ID:Lw55ehBt

悪い円安()
なんて馬鹿みたいなことを言う奴は1ドル80円が続いたらどうなるか
シミュレーションできない人間なんだよな

輸出企業はさらに倒産
ホワイトカラーの高給職はより一層日本からなくなる
内需も企業城下町のように形成されるものも結構あるから冷え込む

一方で、1ドル130円で内需企業が潰れても最低賃金の飲食店バイトの職がなくなるだけ
その分はさすがに工場の工員で埋められる
さらにホワイト製造業の職も保てるし微増はする


悪いのは円安でなく、急激な円安
気をつけないといけないのは出生率への悪影響
ここさえカバーできれば、円安は競争力の再スタートの大きなきっかけとなるので悪くない
とはいえ長期的にも1ドル130円ぐらいに落ち着かせたいけどな


6: 名刺は切らしておりまして 2022/06/14(火) 15:52:39.51 ID:bMVXsJpo

こっそり介入しかない
宣言したら絶対負ける


7: 名刺は切らしておりまして 2022/06/14(火) 15:54:19.94 ID:zHpvdU1C

まさに口先介入ってやつ
やるぞ?ん?だけで充分だもん


8: 名刺は切らしておりまして 2022/06/14(火) 15:56:58.11 ID:Lw55ehBt

資源のない国では
内需主導による経済なんて不可能だが
それを主張する奴がいるんだよな

ただ単に今の反対を言うだけ
単細胞は今の反対をやれば全て良くなるみたいに妄想するからな
なるべく正確なシミュレーションのみが正しい選択への材料となる

資源のない国で無理な内需主導にしたら
貿易赤字が膨らんでさらなる通貨安となる
内需が増えるのは今以上の贅沢をするからで、その元になる資源の輸入がより必要となる


本当さ
欧州や中韓のやっていること見たら、自分の売り物を大事にしているのが分かる
米国だけは別だが、あそこはドルという金鉱があるからな


9: 名刺は切らしておりまして 2022/06/14(火) 15:58:39.07 ID:QxCnfrJ0

円安じゃ海外の人材なんてこないじゃん


10: 名刺は切らしておりまして 2022/06/14(火) 15:59:10.70 ID:wfv+4PaF

今は超円安で言い換えれば超ドル高だから

日本政府の持つ資産の運用として考えた場合はドルから円に換えた方が良い


11: 名刺は切らしておりまして 2022/06/14(火) 16:00:57.07 ID:DTsTxBSn

ドル高で、アメリカの製造業は、大丈夫なの?

貿易赤字は、さらに拡大しそうだね。


12: 名刺は切らしておりまして 2022/06/14(火) 16:01:46.03 ID:sCJc3ssw

いや、今回は介入でどうにかなる動きじゃないから
完全に国力不足


13: 名刺は切らしておりまして 2022/06/14(火) 16:03:46.62 ID:0PhM0YFm

やるわけない
黒田は今日の指し値オペを予定のマシマシでやってるんだぜ


https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1655188788/
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: