アクセスランキング
2020年01月17日

<年収の高い人は本を読む」は本当?> 年収と読書に関する研究結果とは...

1: Egg ★ 2020/01/13(月) 22:11:31.42 ID:UWLhlBWG9.net

突然ですが、みなさんは読書をどれくらいしていますか? 

読書というと勉強のように感じる方もいるかものしれませんね。ですが、読書を通して自分の体験したことのない世界や、いろいろな価値観に触れられるので、何かを学ぶという点でとても効率のいい方法なのです。

会社の先輩や上司と飲み会の席で話すことや、実際の仕事や子育ての経験など「経験から学べる」ことは多いのですが、実は「経験しなくても学べる」のです。

家の中で本を読むだけで、多くの人の失敗や成功、価値観、考え方に触れることができ、自分の人生に活かすことができます。

そこで、今回は「年収と読書の関係を示す調査」と「読書が年収アップにつながることを示す研究」から読書の大切さを確認し、そこから簡単な読書の始め方についても解説していきたいと思います。

年収別の読書事情

2019年10月のパーソルキャリア株式会社による「今どき1,000 万円プレイヤーの『読書事情』を徹底調査」では、以下のような結果が明らかになりました。

 ・「月に1冊以上本を読む人」の割合は、年収1,000万円層では63.4%、平均年収層では55.4%。
 ・(「月に1冊以上本を読む人」の中で)ビジネス書を読む人の割合は、年収1,000万円層に多く、平均年収層の約3倍
 ・(「月に1冊以上本を読む人」の中で)漫画を読む人は平均年収層に多く、年収1,000万円層の約8倍
つまり、「年収の高い人はよく本を読み、さらに漫画などよりもビジネス書を好んで読む」ということがわかります。

忙しくて読書をする時間が取れないという人もいるかもしれませんが、世界で最もお金持ちの一人として知られるビル・ゲイツは、本を読むための時間を一定期間もうけ、小屋に引きこもってひたすら本を読むそうです。

彼は、何か新しいことを始めるときは限界まで本で情報収集をして、そのうえで他人とビジネスを始めるといいます。

このように世界を飛び回るビジネスマンでも時間をやりくりして本を読むくらいなので、きっと私たちにも工夫すれば1日15分や30分程度は本を読む時間をつくれるのではないでしょうか。

つづく

1/9(木) 20:20配信 Limo
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00015248-toushin-bus_all


続きを読む
posted by まだおっち at 17:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年01月16日

企業の買収・出資が過去最高に 後継者不在で増加

1: ムヒタ ★ 2020/01/14(火) 08:26:27 ID:CAP_USER.net

日本の企業は去年、国内、海外でこれまでで最も多い4000件を超える買収や出資を行ったことがわかりました。後継者がいない会社を第三者が引き継ぐための買収が増えているためです。

企業買収の仲介や助言を行う専門の会社「レコフ」によりますと、去年1年間に行われた日本の企業による会社の買収や出資の件数は、4088件でした。

前の年より238件、率にして6%余り増え、調査を始めた1985年以降で最も多くなりました。

最も規模の大きい買収は、ビール大手「アサヒグループホールディングス」が、1兆2000億円余りを投じたオーストラリアのビール会社の買収でした。

件数が増えたのは、大手企業が事業を拡大するために、去年、相次いで買収や資本提携に踏み切ったためです。

また、後継者が見つからない中堅企業を中心に第三者に事業を引き継ぐいわゆる「事業承継」のための買収が増えていることも大きな理由とみられています。

レコフの稲田洋一社長は「事業をあとに残すためには第三者による買収も有効だという認識が浸透してきているのではないか」と話しています。
2020年1月14日 4時36分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200114/k10012244121000.html


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年01月14日

介護・健康保険証、マイナンバーカードと一本化へ

1: ムヒタ ★ 2020/01/12(日) 13:39:42 ID:CAP_USER.net

政府は2023年度からマイナンバーカードと介護保険の保険証を一本化する。健康保険証の機能も先行して組み合わせる予定で行政と医療、介護の手続きが1枚のカードで済むようになる。政府は16年からマイナンバーカードの交付を始めたが、現在の普及率は15%程度にとどまっている。生活に便利な多機能カードと定義し直し、取得者を増やす狙いだ。

介護保険の保険証は、要介護認定やケアプランの作成を申請する際に不可欠な…
2020/1/12 2:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54323130R10C20A1EA3000/


続きを読む
posted by まだおっち at 17:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする