アクセスランキング
2022年08月23日

バイデン政権「大きな政府」のアキレス腱、建設費高騰で進まぬインフラ強化

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2022/08/19(金) 13:03:47.07 ID:CAP_USER

https://dol.ismcdn.jp/mwimgs/d/5/1080m/img_d5f7b678af3aa8cfda0247d4111230b5264931.jpg
「インフレ抑制法」に署名をし、記者会見に臨むバイデン大統領(8月16日) Photo:Kent Nishimura/gettyimages

□インフラ建設、許認可に長い時間
「政府の機能不全」が政治の焦点に

 米国では民主・共和両党の党派対立による「政治の機能不全」が指摘されてきたが、もうひとつの機能不全が、政治が決めた政策を政府がなかなか実行できず実現までに時間がかかってしまう「政府の機能不全」だ。

 長年の米国の課題とされてきたインフラ強化で、いくら予算を確保しても、許認可に時間がかかり過ぎて建設が進まないのはその典型だ。

 こうした「政府の失敗」は、徴税や医療などの面でも起きており、1980年〜90年代の5倍に達しているとの指摘もある。

 インフラ投資や教育・子育て支援、脱炭素化などを政府主導で進めようとしているバイデン政権にとっては、その解消が大きな課題だ。

□突然復活したバイデン公約
許認可手続き緩和で“裏取引”

 バイデン大統領が大統領選で掲げた公約など、政権の主要な政策課題実現のために制定を目指していた「インフレ抑制法案」が、8月12日までに上下両院でようやく可決された。

 一時は可決が絶望視されていた法案の可決にこぎ着けた「逆転劇」の裏にも政府の機能不全問題が絡んでいる。

この記事は、会員限定です。
無料会員登録で月5件まで閲覧できます。

2022.8.19 4:45
ダイヤモンド・オンライン
https://diamond.jp/articles/-/308201


続きを読む
posted by まだおっち at 18:00 | Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2022年03月23日

JPモルガンがロシア債利払いを処理、シティに送金−関係者

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2022/03/18(金) 12:03:12.08 ID:CAP_USER

→JPモルガンは規定通りに米当局に許可を求め、16日に取得−関係者
→これでテクニカルなデフォルトは当面排除された様子−ナズリ氏

米銀JPモルガン・チェースはロシア政府がドル建て債利払いのためにあらかじめ用意していた資金を処理し、シティグループに送金したと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公表の情報だとして匿名を要請した関係者によると、ロシアはコルレス銀行のJPモルガンに指示し、支払いを代行するシティグループに利払い資金を送金させた。JPモルガンは規定通り米当局に許可を求め、16日にこの許可を得てシティに送信したと関係者の1人が語った。

  JPモルガンとシティの担当者はいずれもコメントを控えた。

  欧州のロシア国債保有者はこれまでのところ支払いを受けていないが、支払い履行への楽観が広がりロシア債の価格は全年限で上昇した。クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のプライシングが示唆するロシア国債が1年以内にデフォルト(債務不履行)と判定される確率は57%と、59%からやや低下。先週にはこの確率が一時80%に上っていた。

  ニューバーガー・バーマンのマネーマネジャー、カーン・ナズリ氏(オランダ・ハーグ在勤)は「これでテクニカルなデフォルトは当面排除されたようだ」と指摘。依然、社債を巡る不透明性は残ると述べた。

Default Risk Slides/ Russian 1-year credit default swaps drop on payment optimism
https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/ia18yRzokD9Q/v2/pidjEfPlU1QWZop3vfGKsrX.ke8XuWirGYh1PKgEw44kE/1025x-1.png
ロシア国債を保障するCDS価格 出所:ブルームバーグ

原題:JPMorgan Processed Russian Bond Payments; Sent to Citigroup(抜粋)
https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-03-17/jpmorgan-processed-russian-bond-payments-sent-to-citigroup
JPMorgan Processed Russia Bond Payments, Sent Money to Citi (1)(抜粋)
https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-03-17/jpmorgan-processed-russian-bond-payments-sent-to-citigroup

□関連スレ(次回からの債務返済予定はこちらにあります)
【ロシア財政】ロシア、デフォルト連鎖17兆円悪夢−16日利払い不能なら重大局面 [エリオット★]
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1647410244/

2022年3月18日 1:22 JST 更新日時 2022年3月18日 4:04 JST
Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-03-17/R8WCV2T0G1L601


続きを読む
posted by まだおっち at 18:00 | Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2022年01月11日

「東京よりソウル」…日本を抜いた「高級韓国」

1: 田杉山脈 ★ 2021/12/19(日) 19:29:28.88 ID:CAP_USER

1882年、米国最高の富豪だったウィリアム・ヴァンダービルトはニューヨークの真ん中に邸宅を建てた。当代最高のインテリアデザイナーは内装に赤い垂木が入った竹の天井、螺鈿の蝶が描かれた壁、漆塗りの箪笥、陶磁器など、明らかに「日本風」だった。

同じ時期、フランスでは浮世絵が描かれた扇子がファッション・インテリアとして人気が高まり「日本風」がよく売れた。ロンドンのハイドパークには「日本村」ティーショップが登場し、きものを着てパーティーをしたり日本式の傘を持って歩くのが流行だった。19世紀の西洋は最近の言葉でJファッション、Jスタイルなど「日流」に熱狂した。その後100年以上も日本の文化はファッション、デザインだけでなく、美術、文学、クラシック、大衆歌謡、漫画、アニメーション、文学など世界的に「高級文化」の地位を維持した。

2021年、雰囲気は変わった。中国と東南アジアが中心だった「韓流」が北米と欧州に広がった。女優ユン・ヨジョンが白人の祭りと批判されてきたアカデミー賞助演女優賞を受賞し、韓国ドラマ『イカゲーム』はネットフリックス世界チャート1位になった。ビルボード人気曲チャートで10週間1位になったBTSの最近の米国コンサートには、コロナ感染拡大の中でも約21万3000人が集まった。

高級文化、高付加価値産業の頂点と呼ばれるファッションはどうか。フランスやイタリアなどの高級ブランドが国内やアジアでなくブランド全体を代表するグローバル広報大使(アンバサダー)として韓国スターを起用している。今年だけでもディオールとティファニーがそれぞれBLACKPINKのジスとロゼを、ルイ・ヴィトンがBTSを、サルヴァトーレフェラガモがRed Velvetのスルギを、ロエベがヒョナをグローバル広報大使に選定した。

韓国ブランドを求める人も増えた。最近スペインのZARAが国内ブランドADERとのコラボで出した衣装でヒットし、世界1位スポーツブランドのナイキは歌手G−DRAGONとのコラボですでに3回も運動靴を出している。ルイ・ヴィトンのデザイナーだったヴァージル・アブローが立ち上げた「オフ−ホワイト」はアモーレパシフィックと提携して話題になった。

世界的なファッションジャーナリストでありヴォーグインターナショナルのエディターのスージー・メンケスは2015年、「ソウルはアジアのリーディング都市でなくグローバルブランドの源泉になる時」と話したが、その言葉が現実になっているのだ。

実際、アジアといえばいつも東京が最優先だったブランド品が今ではソウルを先に訪れている。あるファッション業界の関係者は「グローバルファッション時計を太陽で表現すれば上海が午前10時、ソウルが正午、東京が午後3時」と表現した。ユン・ヨジョンは受賞の所感で「運が良かった」と謙虚に話したが、今の韓国文化ブームは決して運ではない。

一国の文化が世界的に「高級」「かっこいい」というイメージを確立するにはコンテンツ自体の優秀性だけでは限界がある。長い歳月にわたり世界の舞台で知られ、好き嫌いはともかくグローバルヘゲモニーを握った西欧圏が主導する「クラシック文化」で認められる必要がある。決定的に経済力を前に出して国際社会で声を出すことができなければいけない。

韓国は一つずつ積み上げながらこうした条件を満たしてきた。不屈の製造企業が優秀な品質で「メード・イン・コリア」を知らせ、アジア競技大会、オリンピック(五輪)、ワールドカップ(W杯)など世界の祭典を成功させた。ドイツ最高バレエ団のトップに立ったカン・スジン、ショパンコンクールで優勝したチョ・ソンジン、全世界を氷上で魅了したキム・ヨナらは西欧先進国が優越感を抱く分野を制覇した。

https://japanese.joins.com/JArticle/285808


続きを読む
posted by まだおっち at 18:00 | Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする