アクセスランキング
2020年06月01日

大予測! タワマンを高値?みしている人たちの末路

1: 田杉山脈 ★ 2020/05/24(日) 21:23:01 ID:CAP_USER.net

▼直線本能
「世界の人口はひたすら増え続ける」という思い込み
何かが直線的に増加していることを示すグラフを見たとき、そのまま伸びていく未来を想像してしまうのではないだろうか。それがロスリングのいう「直線本能」だ。だが、多くのグラフはやがてなだらかになり、横ばいに近づく。人の成長がいい例だ。身長がひたすら伸び続けていくことはありえない。世界人口も同様、現在は直線的に増加しているがやがては横ばいになる。真っ直ぐなグラフのほうが珍しいということを認識すべきなのだ。
「東京都心のマンション価格だけは下がらない」という価値観
新型コロナウイルス騒動以降、「マンションの価格が下がる」という見立てが一般的になってきました。未来の見通しが立たないとき、消費者は何千万円もする買い物をするマインドになりにくくなり、とりわけ新築マンションが売れなくなります。しかしこの騒ぎの前まで、メジャーだったのは「東京都心のマンション価格だけは下がらない」という価値観でした。高値?みをした人もいるかもしれません。

振り返れば2013年、日銀の黒田東彦総裁が異次元金融緩和を始めたことでマネタリーベースが増加。その恩恵を受けた不動産市場で「局地バブル」が発生し、それ以来、東京のマンション価格は上がり続けていました。しかし、いずれ下がることは予見できていたことでした。

価格が下がることは10年前からわかっていた
そのおもな根拠は、人口減少と供給過剰です。日本の人口は11年から減り始め、加速しています。一方で、新築住宅は毎年100万戸前後も建設されてきました。東京にかぎっていえば、25年に人口が、30年には世帯数がピークを迎え、その後減少に転じると予測されています。すると万年供給過剰の状態になり、取引価格が下がります。

実際、17年の時点で供給は過剰でした。本来なら値段が下がるべきなのに、多くの人が「値段が下がる」とは考えず、需要が落ちなかったので価格が維持されてきたのです。そして不動産価格は18年ごろに頂点を迎え、19年が踊り場になります。20年の秋を起点にジワジワ下がると私は予想してましたが、コロナ騒動で前倒しになりました。

それでも取材時の春先の時点では、不動産業界にまだ不況感はありません。半分冗談ですが、不動産屋はほんの10日先ぐらいしか見ていないからです。10年前から人口の減少はわかっていたのに、「そんなこと言っても、まだ下がらないじゃないか」と不動産屋は考え、それに同調した消費者が物件を高値で購入してしまう。信憑性のあるデータを示されても、自分の給料が減るか、雇用がなくならない限り、ほとんどの人は不況を実感しないのです。

過去から現在の線路がまっすぐつながっていると、人間はその延長線上に未来があると思い込んでしまいます。しかしそんな直線はありません。バブルの中にいる人は、「自分だけはうまく降りることができる」と信じていますが、そのタイミングを見極めるのは極めて難しいのです。
https://president.jp/articles/-/35361


続きを読む
posted by まだおっち at 18:00 | Comment(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年05月26日

首都圏マンション発売戸数、4月の供給量は過去最少の686戸

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/05/20(水) 14:59:19 ID:CAP_USER.net

不動産経済研究所が20日発表したマンション市場動向調査によると、首都圏の4月の新規発売戸数は686戸と8カ月連続で減少した。前年同月に比べ51.7%減とほぼ半減した。新型コロナウイルス感染症の影響でモデルルームなどの休業の動きが出ている。前月からも68.0%減少し、供給量は過去最少となった。

地域別の発売戸数は都区部で前年同月比42.1%減、神奈川県で55.6%減、千葉県で88.8%減などすべての地域で大きく落ち込んだ。新規発売戸数に対する契約戸数は541戸で、消費者が購入した割合を示す月間契約率は前年同月に比べ14.6ポイント上昇し78.9%だった。

1戸あたりの平均価格は6216万円と前年同月に比べ321万円(5.4%)上昇した。1平方メートルあたりの単価も102.0万円と同8.9万円(9.6%)上昇した。

4月末時点で翌月に繰り越した販売在庫数は7795戸だった。不動産経済研究所は、5月の発売戸数は500戸と見込んでいる。

あわせて発表した近畿圏の4月の発売戸数は前年同月に比べ42.0%減の494戸と、1992年8月以来の低水準となった。新型コロナの影響で発売戸数は大きく落ち込んだ。新規発売戸数に対する契約戸数は385戸と前年同月に比べ2.0ポイント高い77.9%だった。5月の発売戸数は300戸程度と見込んでいる。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

2020/5/20 14:17
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL20HO0_Q0A520C2000000/


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年05月20日

40代は約9割がタワマンマウントを取られたことがある?言葉だけではなく態度でマウントも

1: 田杉山脈 ★ 2020/05/16(土) 21:59:28 ID:CAP_USER.net

女性向け総合メディアのLip Popは、10代〜60代以上の男女にタワマンマウントについて、マウントを取られたことがあるか、どんなマウントだったかとベストな言い返し方についてヒアリングを行いました。そのタワマンマウント調査結果をすべて公開します。
タワーマンションの階層によってカーストができているという話を聞いたことのある方もいるかもしれません。タワーマンションの階数によって部屋の販売価格も異なり、またタワーマンションによっては高層階と低層階でエレベーターが違うなどの階数による差異が人間関係にも影響を及ぼしているのか、タワマンマウントの実情について、女性向け総合メディアのLip Popが実例まで詳細にヒアリングし、実態調査を行いました。

タワマンマウント調査の調査期間と調査方法
タワマンマウントに関する調査は、2020年4月25日〜27日に10代〜60代以上の男女を無作為に抽出してLip Popが行いました。性別、年齢、タワマンマウントを取られたことがあるか、どのようなマウントを取られたか、言い返し方についてネットリサーチの方法により調査を行いました。

タワマンマウント調査にご協力いただいた方の属性
ネットリサーチにより回答のあった方の属性は女性が58%、男性が42%と女性の回答がやや多くなっています。また、年齢は20〜40代が中心で50代以上の方も回答されています。
https://prtimes.jp/i/18041/48/resize/d18041-48-720513-0.png
https://prtimes.jp/i/18041/48/resize/d18041-48-353561-1.png

もっと詳しく年齢別に見てみますと、40代の方の約9割はタワマンマウントを取られたことがあることが分かりました。そして、60代以上では5割の方はマウントを取られたことがないという結果になりました。
一部の生のコメントをそのまま一部抜粋してご紹介します。

【調査結果】たまにタワマンマウントを取られる方(一部抜粋)
36歳女性:一緒にエレベーターを乗る時、上の階の方が無意識に偉そうな態度を出します。例えば、自分から挨拶しない・挨拶されても返事しない・人が乗降している時で自分がボタンの前に立ってもボタンを押さない。などがよくあります。

44歳男性:私の場合は、エレベーターの中で取られます。私が最初にエレベーターに乗って「3階」を押してドアが閉まる時にマンションで有名なご婦人がギリギリで乗ってきました。ご婦人は、「30階」に住んでおりボタンを押しました。その時です、「せかっくギリギリで乗れたのに途中下車で止まるなんて意味がなかった。」と、ハッキリ言われました。他のご婦人には、「各駅停車じゃなんだから!!」とも言われたのを覚えています。

【調査結果】タワマンマウントを取られたことがほとんどない方(一部抜粋)
37歳男性:マウントなのかどうか微妙ですが。高層階に住む方がエレベーターに乗っていて、私が後から乗って自分の降りる階のボタンを押した時に、鼻で笑われました。「いま笑った?」と言う位に、ただ確実に聞こえる音量でした。同じ階で仲良くなった隣人も同様の経験があると言っていたので、おそらく同じ高層階住人が鼻で笑う行為を繰り返していると思います。

39歳女性:階数が高い方の中には、マンション内のエレベーターの中やエレベーターを待っているときなど、自分からはいつも挨拶せずに、こちらがした挨拶に返すことで、「お互いの挨拶を成立させる」という方法を通して、階数が高い方からマウントを取られています。自分からではなく、相手から挨拶することを望んでいるように感じています。
以下ソース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000018041.html


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする