アクセスランキング
2021年09月21日

家計の金融資産、6月末は1992兆円で過去最高 賞与支給で現預金増

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2021/09/17(金) 12:43:59.33 ID:CAP_USER

[東京 17日 ロイター] - 日銀が17日に発表した4─6月期の資金循環統計によると、家計が保有する金融資産残高は6月末時点で1992兆円となり、前年に比べて6.3%増加した。現預金の増加や、株高による株式や投資信託の残高増加で過去最高を更新した。

家計の金融資産のうち、「現金・預金」は前年比4.0%増の1072兆円。賞与の支給が押し上げ要因。預金残高は970兆円で過去最高となった。「株式等」は30.0%増の210兆円、「投資信託」は28.7%増の89兆円。投信の残高は過去最高となった。

家計の金融資産は初の2000兆円乗せに迫ったが、次回発表される9月末のデータで2000兆円を突破するかは不透明な情勢。日経平均株価が3万円台を回復しているものの、9月末にはボーナスによる押し上げが剥落するため。

企業の金融資産は8.4%増の1226兆円。「現金・預金」が4.6%増の316兆円となったほか、「株式等」は10.3%増の357兆円。

日銀の国債保有は540兆円で、残高に占める比率は44.1%で3月末の44.5%から低下した。海外の保有額は162兆円で、残高に占める比率は13.2%。

2021年9月17日9:48 午前
ロイター
https://jp.reuters.com/article/japan-household-idJPKBN2GD01O?il=0


続きを読む
posted by まだおっち at 10:03 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021年09月18日

日経平均定期入れ替え:キーエンス、村田製、任天堂を採用

1: 田杉山脈 ★ 2021/09/06(月) 23:13:16.53 ID:CAP_USER

日本経済新聞社は6日、日経平均株価を構成する225銘柄の定期入れ替えでキーエンス、村田製作所、任天堂を採用し、日清紡ホールディングス、東洋製缶グループホールディングス、スカパーJSATホールディングスを除外すると発表した。10月1日の算出から反映させる。

市場流動性の観点から入れ替えを決めた。株価換算係数はキーエンス(セクター・技術)は0.1、村田製作所(同)は0.8、任天堂(消費)は0.1になる。セクター間の銘柄過不足調整で日清紡HDなどを外す。

任天堂の新規採用は事前の市場予想通りで、ブルームバーグの集計した証券3社すべてが採用を見込んでいた。キーエンスも候補に挙がっていたが、今回は村田製は候補外だった。外される3銘柄はいずれも除外候補に入っていた。

東海東京調査センターの鈴木誠一チーフエクイティマーケットアナリストは今回の銘柄入れ替えについて「値がさ株が採用されるなど、除外銘柄を含めてほぼ想定通りの結果だった」と話した。日経平均株価への影響については「本来は下落要因だが、すでに織り込まれているため、銘柄入れ替えを終えて売り材料が出尽くしたと市場が受け止め、あすも買いが入る可能性がある」と指摘した。

入れ替え発表後の日経平均の先物は夜間取引で上昇した。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-09-06/QZ04YAT0AFB601


続きを読む
posted by まだおっち at 18:00 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021年09月14日

コロナ禍で収入印紙「追放」進む 電子契約の広がりが影響

1: 朝一から閉店までφ ★ 2021/09/01(水) 06:16:51.15 ID:CAP_USER

トピック
新型肺炎
コロナ禍で収入印紙「追放」進む
電子契約の広がりが影響
2021/8/30 21:27 (JST)8/30 21:35 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社


収入印紙
https://nordot-res.cloudinary.com/c_fill,w_400,h_210,g_faces,q_auto:eco/ch/images/805053477692719104/origin_1.jpg


 新型コロナウイルス禍によるテレワークの電子契約が広がり、5万円以上の領収書、工事や不動産関連の契約書など、課税文書に貼る収入印紙の“追放”が進んでいる。
「脱はんこ」も追い風となり、年間約2800億円に上るとされる国の印紙税収入が減る可能性がある。一方、電子化が進まない業界では引き続き印紙税の納付が必要で「不公平」との声も出ている。

 矢野経済研究所によると、電子契約サービスの市場規模は事業者売上高ベースで2019年は68億円だったが、20年は予測値が108億円に。24年には264億円に達する見通しだ。

https://nordot.app/805049358067433472?c=39550187727945729


続きを読む
posted by まだおっち at 18:00 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする