アクセスランキング
2022年04月08日

カード会社9割超 学生の限度額抑える対応

1: ムヒタ ★ 2022/03/30(水) 14:10:51.86 ID:CAP_USER

来月からの成人年齢の引き下げに伴って18歳から親の同意がなくてもクレジットカードの契約ができるようになりますが、学生については9割を超える会社が限度額を20歳以上と比べて低く抑える対応を取ることが分かりました。

成人年齢はことし4月から18歳に引き下げられ、親の同意がなくても18歳からローンやクレジットカードの契約、証券口座の開設ができるほか、生命保険や損害保険に加入できるようになります。

これを前にクレジットカード会社の業界団体の「日本クレジット協会」が加盟各社の対応について調査を行いました。

それによりますと、20歳未満の顧客を契約の対象としているおよそ200社のうち、93%が学生については限度額を20歳以上と比べて低く設定すると答えました。

学生以外の仕事を持つ人などについても76%が限度額を20歳以上と比べて低く設定するとしています。

一方、契約に際して引き続き親の同意を条件にすると答えた会社は、22%にとどまりました。

日本クレジット協会は「新たに成人となる20歳未満の人たちが、クレジットカードを適切に利用できるよう加盟各社に促すとともに、中学・高校生への啓発活動にも力を入れていきたい」と話しています。
2022年3月30日 6時50分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220330/k10013558181000.html


続きを読む
posted by まだおっち at 21:00 | Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2022年04月05日

LINEクレカ、2%還元終了へ 5月から1%に

1: ムヒタ ★ 2022/04/01(金) 12:10:01.05 ID:CAP_USER

 LINE Payは4月1日、同社のクレジットカード「Visa LINE Payクレジットカード」のLINEポイント還元率を引き下げると発表した。4月30日までは従来どおり2%還元だが、5月1日から1%に変更となる。

 Visa LINE Payクレジットカードは、2020年4月に登録受け付けを開始したLINEブランド初のクレジットカード。決済時のLINEへの通知機能など利便性を高めた他、初年度に限り3%ポイント(基本還元率1%+特典2%)を付与するなど高い還元率が特徴だった。

 21年5月には、「2年度特典」として、特典のポイント付与率を2%から1%に引き下げ、合計2%のポイント還元が受けられた。今回の改定で特典がなくなり、基本還元率1%のみの付与となる。

 年会費も改定され、年間1375円の年会費を初年度に限り無料に変更。翌年以降は年会費が発生するが、従来どおり年1回の利用で無料にできる。
2022年04月01日 11時32分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2204/01/news092.html


続きを読む
posted by まだおっち at 21:00 | Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2022年03月08日

VISAとマスター、ロシアでカード決済停止

1: ムヒタ ★ 2022/03/06(日) 10:10:07.55 ID:CAP_USER

米カード最大手のビザと2位のマスターカードは5日、ロシアでのカード決済事業を停止すると発表した。ロシア国内で両社のブランドのクレジットカードやデビットカードが使えなくなるほか、ロシアの銀行が発行したカードは全世界で決済できなくなる。消費者や企業などに幅広く影響が及ぶ可能性がある。

両社は1日までに、ロシアの複数の銀行が発行したカードの利用を停止していたが、さらに踏み込んだ措置となる。ロシアでは、ロシア国外の金融機関が発行したカードであっても、加盟店やATMでのクレジットカードやデビットカードの利用ができなくなる。「直ちに実行し、数日間かけて取引が停止される」(ビザ)という。

ロシアの金融機関が発行したカードはロシア国外で決済できなくなり、事実上の全面停止となる。海外に資産を持つ富裕層などの決済ルートを封じるねらいもあるとみられる。マスターカードは声明で「世界の規制当局の要求に沿った措置」としている。

ビザのアルフレッド・ケリー最高経営責任者(CEO)は声明で「我々が目撃した受け入れがたい事態を受け、行動を起こさざるを得なくなった」と述べた。「ロシアでサービスを提供する加盟店、カード会員などに影響を与えることを遺憾に思う」ともつづった。

25年超にわたってロシアで事業を展開してきたマスターカードはリリースで「この決定を軽々しく決めたわけではない」と強調した。「適切な時期に、法律に照らして許される状況になれば、再開に向けて取り組む」との見通しを示した。

ロシアではキャッシュレス決済の比率は上昇しており、直近で約6割となっている。カード決済も右肩上がりで増加。調査会社スタティスタによると、2020年のカード決済件数は411億回で、19年比で16%増えた。
2022年3月6日 8:24 (2022年3月6日 9:15更新)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN060ED0W2A300C2000000/


続きを読む
posted by まだおっち at 18:00 | Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする