アクセスランキング
2022年12月08日

物価高騰で「家計とても厳しい」74%、困窮子育て世帯アンケート

1: 田杉山脈 ★ 2022/11/28(月) 21:54:05.74 ID:+v08WyU1

物価高騰を受け、困窮する子育て世帯に支援団体が緊急アンケートをしたところ、「家計がとても厳しくなった」と答えた人の割合が74%にのぼった。「やや厳しくなった」と回答した26%を合わせると、全世帯で家計の厳しさが増していることがわかった。

調査をしたのは、認定NPO法人「キッズドア」(東京都中央区)。今月11〜16日、年末年始を控え、団体が支援する困窮子育て家庭の保護者約2800人を対象にウェブ上でアンケートし、このうち1846人から回答があった。

 物価上昇を実感する項目を尋ねる質問(複数回答)では、食費が99%で最多。光熱費85%、日用品81%と、生活必需品全般にわたっていた。

 家計維持のため、「食費を減らしている」と回答したのは84%、被服費が74%、「日用品を減らしている」が62%だった。

 子どもの食事状況を尋ねる質問(複数回答)では、「外食を減らした」が67%、「おやつを減らした」が65%、「肉・魚を減らした」63%といずれも6割を超えた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/adcbe72239c1591634227374c806be7af6cf8edf


続きを読む
posted by まだおっち at 21:00 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタートアップ、5年で投資額10兆円目標に 自民が提言

1: 田杉山脈 ★ 2022/11/22(火) 20:59:59.83 ID:S1Zy3FAM

自民党のスタートアップ政策に関する小委員会は22日、5年後に国内のスタートアップへの投資額が10倍超の10兆円となる目標値を設定し、達成するよう政府に求める提言をまとめた。政府が年末までにつくる5カ年計画への反映を求めた。

提言は投資家の資金がスタートアップに回りやすい環境を整える具体策を盛り込んだ。投資家が譲渡益をもとにスタートアップに再投資した場合に非課税とするような制度整備を早急に設ける必要性を指摘した。

海外事例にならいストックオプション(株式購入権)への税優遇を拡大することも求めた。海外の大学との共同研究などを通じて、日本の人材やシーズ(技術の種)を育て国際的に展開する「グローバル・スタートアップ・キャンパス」の創設などを訴えた。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)にも触れた。「1%程度は国内ベンチャーキャピタル(VC)に振り向けることを通じ、スタートアップに豊富な成長資金が供給されることを期待する」と明記した。

小委員会は岸田文雄首相が本部長をつとめる自民党の「新しい資本主義実行本部」のもとに設置され、10月に初会合を開いた。小委員長の甘利明前幹事長らが22日に首相官邸で首相に提言書を渡した。

甘利氏は同日、記者団に「令和の30年は日本が新しい分野でトップを占めたい」と強調した。スタートアップ育成のために「税制、規制を緩和する必要がある」と語った。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA225OV0S2A121C2000000/


続きを読む
posted by まだおっち at 18:00 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コラム:「マラドーナ効果」とドル円相場 警戒すべきポイント

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2022/11/22(火) 16:47:49.68 ID:QF1M21AO

□尾河眞樹 ソニーフィナンシャルグループ執行役員兼金融市場調査部長

[東京 22日] - ディエゴ・マラドーナ氏は20世紀を代表するサッカー選手だ。1986年のFIFAワールドカップメキシコ大会のアルゼンチン対イングランド戦で5人ものディフェンダーをかわし、60ヤードを独走してシュートを決めた。

この時5人のディフェンダーは、スター選手マラドーナの左右の動きを事前に予想し、それに対応した動きを取っていたため、マラドーナ選手はそれを逆手に取って真っ直ぐ走り、シュートを決めたという。

キング元英中銀総裁はこれを引き合いに出し、「金融政策も同様に機能する。市場金利は中央銀行が何をするかという期待に反応する」と述べた。以来、市場参加者が中央銀行の今後のアクションを予想することで市場金利が先行して動き、中央銀行が実際にアクションを取る前に経済に影響を及ぼす現象は、「マラドーナ効果」と呼ばれるようになった。

<思惑に揺れる市場>

実際、これと似通ったことが足元の金融市場で起きている。米連邦準備理事会(FRB)は今年3月以降これまでに、3.75%もの大幅かつ急速な利上げを行ってきた。米長期金利も利上げが織り込まれるなかで上昇し、10月には米10年債利回りが4.3%台まで上昇する場面もみられた。

しかし、問題はその後だ。11月10日に発表された10月の米消費者物価指数(CPI)で、総合指数が前年比7.7%、食品とエネルギーを除いたコア指数が前年比6.3%と大きく減速したことで、市場では「FRBの利上げペースは今後減速する→場合によっては利上げ終了も近い→金利上昇のフェーズは終了」との見方が広がり、米10年債利回りは、一時3.6%台まで急低下。これを好感した米株式市場は大幅上昇し、ドルが全面安となるなかドル円も急落した。

<タカ派的な発言の背景>

問題は、市場の先走った「期待」により、時期尚早な金利の低下と株高が起こると、それ自体が金融環境を緩め、インフレの鎮静化を遅らせてしまうことだ。FRBにとっては、先述した「マラドーナ効果」が、インフレ退治と逆方向に効いてしまっては困るのだ。米連邦公開市場委員会(FOMC)のメンバーは、これを防ごうと躍起だ。

ブレイナードFRB副議長は14日、「近く利上げペースを減速させる可能性」に言及しつつも、追加利上げの必要性を強調。バーFRB副議長も15日、米上院の公聴会で「インフレはあまりにも高すぎる」との見解を示した。ボストン連銀のコリンズ総裁に至っては、「12月の利上げ幅は75Bpsもまだ選択肢である」と述べるなど、他にも様々なメンバーから、CPI公表後にタカ派的な発言が続いている。

これが奏功してか、米10年債利回りは3.8%台まで小幅に持ち直した。また、CPIの低下やFOMCメンバーのタカ派発言が影響したのか、米期待インフレ率も2.3%前後まで低下しており、名目金利から期待インフレ率を引いた米実質金利は、足元1.3%付近から1.5%付近まで持ち直している。

10月のCPIは確かに減速したとはいえ、伸び率としてはまだ高く、FRBの許容範囲を超えている。おそらく、金融環境をさらに引き締めるため、実質金利は米潜在成長率(2.0%弱)を超えるあたりまでは引き上げたいと考えているはずだ。12月13、14日に予定されているFOMCは、年内最後のビッグイベントだ。おそらく利上げ幅は50Bpsに縮小されるだろうが、インフレ促進の方向に「マラドーナ効果」が進むことのないよう、声明文やパウエル議長からのメッセージは、比較的タカ派色の濃いものになるのではないか。

□続きは元ソースでご覧ください。

2022年11月22日4:10 午後
ロイター
https://jp.reuters.com/article/column-maki-ogawa-idJPKBN2SC06V


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2022年12月07日

値上げラッシュ、2000品目超が年明け値上げ

1: 田杉山脈 ★ 2022/11/20(日) 20:45:24.20 ID:/TwI0PA0

物価上昇が止まらない。年明け以降も2000品目超の食品が値上げを予定しており、専門家は「少なくとも来春まではこの傾向が続く」と警告する。値上げラッシュに賃金の上昇が追いつかず、消費者の節約志向も強まっている。物価高が日本経済に暗い影を落としている。

忘年会シーズン「二重苦」
 ここ数年、新型コロナウイルスの感染拡大で自粛ムードが続いていた飲食業界。書き入れ時となる忘年会シーズンが目前に迫るが、期待はなかなか盛り上がらない。食材の仕入れ値が高騰し、メニューの値上げを余儀なくされる店が続出しているためだ。

 1971年にオープンしたJR新橋駅前にある「ニュー新橋ビル」には昭和を感じさせる飲食店がひしめき、大勢のサラリーマンでにぎわいを見せる。

 その一角にある大衆居酒屋「しんばし初藤」をのぞくと、店員の真部正則さんが「値上げをせずに頑張ってきたが、とうとう11月中に値上げすることになってしまった」と肩を落とした。看板商品である海鮮類などを中心に仕入れ値は平均10%以上、上昇している。「さすがにもう限界だった」という。

 一品料理の値上げ幅は50円ほど。仕入れ値の上昇分の一部しか転嫁できない水準だが、これ以上の値上げは忘年会の客足に影響が出かねない。団体客を中心に12月の予約も埋まりはじめたが、不安は消えない。「物価高に加え、ここにきて…
https://mainichi.jp/articles/20221117/k00/00m/020/416000c


続きを読む
posted by まだおっち at 21:00 | Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iDeCo69歳まで加入を提示 厚労省が部会に、年内に結論

1: 田杉山脈 ★ 2022/11/15(火) 22:21:52.59 ID:iSumYdom

 厚生労働省は14日、公的年金に上乗せできる個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」について、加入対象年齢の引き上げ案を社会保障審議会の部会に提示した。現在の「64歳以下」から「69歳以下」までにする。公的年金は少子高齢化で受給水準の先細りが見込まれ、私的年金のイデコを利用した資産形成を促す。厚労省は年内に結論を出す方針。

 14日の部会では「希望すれば70歳まで働けるようになっており、加入対象年齢の引き上げは妥当だ」との意見が多かった一方で「慎重な議論が必要」との声もあった。

 イデコは、今年3月末時点で約238万人が加入している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/1e2cbedf9187939e23e1994e454a6885a8c3b7d0


続きを読む
posted by まだおっち at 18:00 | Comment(0) | iDeCo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする